ユピテル、無線LAN接続対応のスイングタイプドライブレコーダーを発売 | レスポンス(Response.jp)

ユピテル、無線LAN接続対応のスイングタイプドライブレコーダーを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ユピテル DRY-WiFiV3c
  • ユピテル DRY-WiFiV3c
  • ユピテル DRY-WiFiV3c
  • ユピテル DRY-WiFiV3c
  • ユピテル DRY-WiFiV3c
ユピテルは、無線LAN接続に対応するスイングタイプのドライブレコーダー「DRY-WiFiV3c」を発売する。

新製品は、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットと無線LANで接続可能。本体設定や映像の確認のほか、本体に記録した映像をダウンロードし、映像を友人と共有して楽しむこともできる。

映像素子は300万画素CMOSを搭載し、1920×1080のフルハイビジョン動画に対応。またHDR(ハイダイナミックレンジ)により、逆光下や明暗差が大きいトンネルの出入り口、夜間の撮影時に生じる黒つぶれや白とびを抑え、より明瞭な映像を記録できる。

撮影モードはエンジンのON/OFFに連動する「常時録画」、事故時の映像もしっかり記録する「Gセンサー記録」、上書きされないように専用フォルダに保存できる「ワンタッチ記録」の3種類を用意する。また、レンズ部が可動するスイングタイプを採用しており、2.0インチ液晶画面を見ながら、カメラアングルを調整できる。

また新製品は、費用負担なしで買替補償金4万円がサポートされる交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度の対象製品となる。また、タイムズクラブのロードサービスも1年間無料で付帯する。

価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品