スターフライヤー、客室乗務員と空港グランドスタッフの制服をリニューアル

航空 企業動向

スターフライヤーの新しい制服
  • スターフライヤーの新しい制服
  • スターフライヤーの新しい制服
スターフライヤーは、3月16日に就航10周年を迎えたことを記念して客室乗務員と空港グランドスタッフの制服をリニューアルすると発表した。

同社は2006年3月16日に北九州=羽田線の運航を開始し、10周年を迎えた。この節目にあたり、客室乗務員と空港グランドスタッフの制服を統一する。

新しい制服のコンセプトは「Streamline design」で、スターフライヤーのモダンな機体をイメージし、ゆるやかな曲線を取り入れる。デザイン面では、モノトーンを曲線で表現したフォルムとシンプルながら存在感を与える上品なデザインを目指した。

機能面では、機能性に優れたストレッチ素材を使用する。着心地の良さを追求したカットソーに変更(女性のブラウスのみ)する。ワンピースやベストなどを新しく導入し、着こなしを多様化する。

新制服の着用開始は、2016年12月の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  2. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

    スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  3. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

    【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  4. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  5. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  6. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  7. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  8. JAL、新しい座席「スカイスイート777」を羽田=バンコク線に導入

  9. 【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

  10. ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

アクセスランキングをもっと見る