【ニューヨークモーターショー16】メルセデスベンツ GLCクーペ 初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは3月22日、ニューヨークモーターショー16のプレビューイベントにおいて、新型SUVクーペ、『GLCクーペ』を初公開した。

GLCクーペは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15で発表された『GLC』(『GLK』後継車)の派生車種。このGLCから、クーペボディのGLCクーペが派生し、ニューヨークモーターショー16でデビューした。これは、上級SUVの『GLE』(旧『Mクラス』)に、『GLEクーペ』が設定されるのと同様。

GLCクーペのボディサイズは、全長4730mm、全高1600mm、ホイールベース2870mm。車台を共用するGLCに対して、全長は約80mm長く、全高は約40mm低い。2870mmのホイールベースは共通。後部ピラーが寝かされたクーペボディが特徴で、スポーティさとエレガントさが表現される。

室内は、GLCの基本デザインを踏襲。ダッシュボードやセンターコンソールは、流れるようなライン。大型で一体成形のコンソールパネルが、エレガントさを演出する。クーペボディでありながら、室内空間および荷室空間も実用的な容量を確保した。

欧州仕様のラインナップは、ディーゼル4、ガソリン4の合計8グレード。中でも、ガソリンの「GLC 250 4 MATICクーペ」グレードは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボを搭載。最大出力211hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。トランスミッションは9速の9Gトロニック。0-100km/h加速7.3秒、最高速222km/hの性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

    【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

  2. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  3. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  4. 【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  7. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  8. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

  9. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  10. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら