【ニューヨークモーターショー16】ホンダ シビック ハッチバック 次期型、米国仕様は1.5ターボ+6MTに

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ シビック ハッチバック 次期型のプロトタイプ(ニューヨークモーターショー16)
  • ホンダ シビック ハッチバック 次期型のプロトタイプ(ニューヨークモーターショー16)
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
  • ホンダ シビック ハッチバック 新型のプロトタイプ
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは3月22日、ニューヨークモーターショー16のプレビューイベントを開催。次期『シビック ハッチバック』のプロトタイプモデルを、米国初公開した。

次期シビック ハッチバックのプロトタイプは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。同車は、次期『シビック』の5ドアモデルを示唆したコンセプトカー。

現行モデルが欧州地域専用のプラットフォームを持つのに対し、今回はセダン、クーペと共にグローバルモデル共通のプラットフォームを使用して開発。現行モデルに対して、全長を130mm、全幅を30mm拡大し、全高を20mm下げるとともに、ロングホイールベース化。これにより、ロー&ワイドなスタンスを実現した。

さらに、フロントのオーバーハングを短くして、スポーティなデザインを際立たせるとともに、走行性能の向上と室内空間の最大化を図った。次期シビック ハッチバックは、英国のホンダ・オブ・ザUKマニュファクチュアリングだけで生産。欧州だけでなく、北米などグローバル市場へ投入される。

アメリカンホンダは3月22日、ニューヨークモーターショー16のプレビューイベントを開催し、次期シビック ハッチバックのプロトタイプモデルを、米国初公開。同時に、米国仕様の市販車に関する情報を、一部明らかにした。

アメリカンホンダによると、米国向けのパワートレインには、直噴1.5リットル直列4気筒VTEC TURBOエンジンのみになる予定。トランスミッションは6速MTを基本に、CVTも設定する。米国では、2016年内の発売を計画しているという。

プレビューイベントには、アメリカンホンダのジェフ・コンラッド上級副社長が登壇。「1.5リットルターボエンジンに、MTの組み合わせは初めて。史上、最もスポーティなシビックが、走り志向の顧客を魅了するだろう」と述べ、次期型の完成度に自信を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R、初期型にリフレッシュプランを提案[写真蔵]

    日産 GT-R、初期型にリフレッシュプランを提案[写真蔵]

  2. マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

    マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

  3. トヨタの新型ミニバン、インドネシアでスクープ…新興国向け

    トヨタの新型ミニバン、インドネシアでスクープ…新興国向け

  4. アウディ A5 クーペ 新型、LEDライトが光った

  5. 日産 GT-R、レクサス RC FとBMW M4 と加速競争[動画]

  6. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  7. 日産 セレナ NISMO、パフォーマンスパッケージで精悍なスタイルに[写真蔵]

  8. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  9. ホンダ NSX 新型、量産第一号車誕生の瞬間[動画]

  10. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

アクセスランキングをもっと見る