ZFの2015年決算、TRW買収効果で売上高58%増

自動車 ビジネス 企業動向

ZFのCEOステファン・ゾンマー博士
  • ZFのCEOステファン・ゾンマー博士
独ZF社は、2015年度の決算を発表。TRW社の買収効果もあり、売上高は前年比58%増の292億ユーロ(約3兆6619億円)、利払前・税引前利益(EBIT)も同45%増の約16億ユーロ(約2006億円)といずれも大幅な増加となった。

TRW社の買収によって、ZFのグループ売上高は大きく増加。2015年5月15日の買収以降は5番目の事業部として成長し、89億ユーロの売上に貢献した。その結果、グループの地域別の売上分布もバランスがとれたものとなった。欧州のシェアが56%から47%へと減少した一方で、北米での売上シェアは20%から28%へ増加。アジア太平洋地域は20%から22%に増加した。

ZFのシュテファン・ゾンマーCEOは、「2015年は当社の歴史上最大かつ最も重要な買収を成功させた。現在ZFは、機械部品をコントロールユニットやセンサーとインテリジェントに連携させる作業を行っている。これにより、安全性と効率の向上や自動運転といった業界の大きなトレンドに、より効果的に対応していくことができるだろう」とコメントしている。

2016年の見通しについては、ZF TRWが初めて通年で組み込まれることを織り込み、売上高を約20%増の350~360億ユーロ(約4兆3892億円~4兆5146億円)、EBITマージンは5~6%の間と予測している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  3. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  4. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  5. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  6. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  7. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  8. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  9. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  10. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら