悪条件でもしっかり撮って残せる、画像を鮮明化できる監視カメラ

自動車 ビジネス 企業動向

フルHD対応監視カメラ「DS6V【画像鮮明化モデル】」のデモ展示。白濁した水を使って画像鮮明化機能の効果を示していた(撮影:防犯システム取材班)
  • フルHD対応監視カメラ「DS6V【画像鮮明化モデル】」のデモ展示。白濁した水を使って画像鮮明化機能の効果を示していた(撮影:防犯システム取材班)
  • 画面左側が画像鮮明化をONにした状態で、右側がOFFにした状態の映像(撮影:防犯システム取材班)
  • 逆に画面左側を画像鮮明化OFF状態にし、右側をONにした状態での映像(撮影:防犯システム取材班)
  • 通学路監視などを想定したモデルとなるフルHD監視カメラ「DZ5W【オールインワンモデル】」(撮影:防犯システム取材班)
  • 「DZ5W【オールインワンモデル】」の実映像。フルHDに対応し、IP66準拠で、保証期間は3年(撮影:防犯システム取材班)
 三星ダイヤモンド工業は、東京ビッグサイトで開催されていた「SECURITY SHOW 2016」にて、監視カメラに画像鮮明化機能を搭載した「DS6V【画像鮮明化モデル】」などのデモ展示を行った。

 昨今では、画像鮮明化技術へのニーズが高まっており、各メーカーがさまざまな形で画像鮮明化機能を有する製品を手がけているが、同製品では、監視カメラに画像鮮明化技術を組み込んでいる点が大きな特徴となる。従来なら別途専用の機材を必要としていたものをカメラ単体で画像鮮明化を実現。低照度環境下での夜間監視、濃霧や雨などの悪天候下での映像をリアルタイムかつ自動で鮮明化をする。

 同社のブースでは、画像鮮明技術の効果を示すため、白濁した水をカメラの前に設置し、その先にある車のナンバープレートを撮影するというデモを実施。画面を左右で2分割して、画像鮮明化機能の作動時とそうでない時の映像を切り替えながら、鮮明化の様子を映し出していた。

 カメラ自体は、フルHD対応で、画像鮮明化技術に関しては、MSVC(MDI Super Visual Clarifier)という同社独自の技術だという。

 他にも同社のブースでは、フルHD監視カメラ「DZ5W【オールインワンモデル】」も展示。同製品は、設置の気軽さと通学路監視をコンセプトにしたモデルとなっており、簡単設置・簡単録画を可能にするmicroSDカード録画(録画機器不要)、低照度環境下での撮影(最低被写体照度0.01lx)、IP66&親水コートなどの特徴を有している。

暗闇・悪天候の映像を瞬時に最適化!画像鮮明化機能付き監視カメラ

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  9. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  10. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら