ヤンマー、GPS搭載の次世代トラクター発売…ITC活用で効率的な農場経営を実現

自動車 ビジネス 国内マーケット

ヤンマー YT3シリーズ
  • ヤンマー YT3シリーズ
  • 新型ロータリー
  • キャビン容積を10%アップ
  • スマートアシストリモート
  • カラーモニター
ヤンマーは、高い作業効率と快適な居住性を両立したトラクター「YT3シリーズ」を4月1日より発売する。

YT3シリーズは、特に高付加価値畑作物農家から要望の多い仕上がり精度について大幅に改善した「新型ロータリー」を採用。ロータリーの爪配列や爪形状およびカバー形状を見直すことで反転性能と鋤き込み性能を向上させた。

また、中型トラクターでありながらキャビン容積を従来機に比べ10%アップするなど広いスペースを確保し、長時間の作業でも疲れにくい快適な居住空間を実現。ボンネット前方へ傾斜をつけたスラントノーズデザインを採用し、流麗なデザインとともに作業時の前方視界性を向上させた。

さらに高馬力タイプの「YT352/YT357」はGPSや通信端末を搭載し、「スマートアシストリモート(SA-R)」に対応。エラー情報通知サービスや盗難抑止見守サービスでユーザーの機械を見守るだけでなく、稼動診断保守サービスで稼働効率の向上や、ランニングコストの低減などのソリューションを提案する。また、アドバンスコース(有料)では、ほ場情報や作業記録をスマートフォンやタブレットで一元管理し、より効率的な農場経営を実現する。

価格は349万円から763万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

    日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 三菱自、通期利益予想据え置き…営業利益は75%の大幅減 第1四半期決算

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら