【東京モーターサイクルショー16】インディアン、スプリングフィールド を初公開 | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターサイクルショー16】インディアン、スプリングフィールド を初公開

モーターサイクル 新型車

インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
  • インディアン スプリングフィールド
ホワイトハウスオートモービルは、インディアンの新型モデル『スプリングフィールド』を、3月25日から27日まで東京ビッグサイトで開催される「東京モーターサイクルショー」で初公開、同日より販売を開始する。

スプリングフィールドは、インディアンモーターサイクル生誕地がその名の由来。インディアンならではのクラシカルなスタイルとラクジュアリーな装備はそのままに、ツーリングモデルの軽快感とバガーモデルの利便性を併せ持つ新たなセグメントとして誕生した。

チーフシリーズ同様のABS、クルーズコントロールといった装備に加え、ニューデザインのブラックレザースプリットシート、前後クローム・ハイウェーバー、デュアルドライビングライト、アジャスタブル・パッセンジャーフロアボードなどを標準装備する。また、ハードサドルバッグとフロントスクリーンはスプリングフィールド専用クイックリリースタイプとし、ライダーの好みに応じて工具を使わず簡単に着脱できる。

パワーユニットは扱いやすさに定評のある1811ccサンダーストローク111 Vツインエンジンを搭載。最大トルクは16.5kg-mを発生する。シャシーはソロライディングからタンデムツーリングまで幅広く対応すべくスプリングフィールド専用チューニングを施している。

そのほか、最大64リットルの収納スペースを持つ大型リアトランク、専用ウィンドシールド、ロアウィンドディフレクター、コンサートオーディオリッドなど、多彩な純正アクセサリーを設定する。

価格はサンダーブラックが322万円、インディアンレッドが327万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品