ユニチカ、軽量化と表面外観を両立した射出発泡ポリアミド樹脂を開発

自動車 ビジネス 国内マーケット

フォーミロン コアバック発泡提案例(オイルストレーナー)
  • フォーミロン コアバック発泡提案例(オイルストレーナー)
ユニチカは3月22日、各種の射出発泡成形工法に対応するポリアミド樹脂の新アイテム「フォーミロン」を開発したと発表した。

自動車部材の軽量化が進む中、樹脂部品の軽量化技術の一つとして樹脂発泡が注目されている。しかし、成形品表面の外観悪化が起こりやすく、軽量化と表面外観を両立することが難しいため、適用範囲が限られるという課題があった。

新開発のフォーミロンは、射出発泡成形に最適な粘度、結晶性、流動性などの樹脂特性を独自の配合技術で付与し、これらの課題を克服。様々な工法に適用でき、コアバックと化学発泡を組み合わせた工法では、2倍発泡も可能で、20%以上の高い軽量化率を達成しながら、優れた表面外観性と均一な発泡セルを形成できる。すでに、自動車アンダーフードのカバー製品への採用が進んでいる。

フォーミロンは、自動車用途以外にも二輪、スポーツ用品、電動工具などの各分野にも展開が可能。ユニチカでは今後、幅広い用途での調査・探索を行い、2020年度に10億円の販売を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. 名神集中工事、5月30日~6月4日および6月6日~11日…昼夜連続車線規制など

  9. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  10. GT-R × ギルドデザイン、ジュラルミン製iPhoneケースを発売

アクセスランキングをもっと見る