ユニチカ、軽量化と表面外観を両立した射出発泡ポリアミド樹脂を開発

自動車 ビジネス 国内マーケット

フォーミロン コアバック発泡提案例(オイルストレーナー)
  • フォーミロン コアバック発泡提案例(オイルストレーナー)
ユニチカは3月22日、各種の射出発泡成形工法に対応するポリアミド樹脂の新アイテム「フォーミロン」を開発したと発表した。

自動車部材の軽量化が進む中、樹脂部品の軽量化技術の一つとして樹脂発泡が注目されている。しかし、成形品表面の外観悪化が起こりやすく、軽量化と表面外観を両立することが難しいため、適用範囲が限られるという課題があった。

新開発のフォーミロンは、射出発泡成形に最適な粘度、結晶性、流動性などの樹脂特性を独自の配合技術で付与し、これらの課題を克服。様々な工法に適用でき、コアバックと化学発泡を組み合わせた工法では、2倍発泡も可能で、20%以上の高い軽量化率を達成しながら、優れた表面外観性と均一な発泡セルを形成できる。すでに、自動車アンダーフードのカバー製品への採用が進んでいる。

フォーミロンは、自動車用途以外にも二輪、スポーツ用品、電動工具などの各分野にも展開が可能。ユニチカでは今後、幅広い用途での調査・探索を行い、2020年度に10億円の販売を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

    参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  4. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  5. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  6. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  7. 英自工会「EUにとどまるのが望ましい」…国民投票前に声明

  8. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  9. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  10. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

アクセスランキングをもっと見る