【スピーカー交換のススメ】BEWITH Accurate lllを聴いてみる

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

BEWITH Accurate lll 希望価格 18万円(税抜/セット)13cmセパレート2ウェイシステム
  • BEWITH Accurate lll 希望価格 18万円(税抜/セット)13cmセパレート2ウェイシステム
独自のP.P.C.偏芯コーンを採用した Confdence lllとAccurate lll。昨年末、満を持してバージョンアップ。フラッグシップモデル Confidence lllの技術的特徴とサウンドを受け継ぐ、Accurate lllをご紹介しよう。

Accurateといえば、フラッグシップの特徴を受け継ぎならもリーズナブルな価格を実現した高性能スタンダードモデルで、2003年に初代、2010年にAccurate llに続き、Accurate系の第三世代のモデルとして進化。今回の発売では、Confidence lllシリーズ同等のパールホワイトコーティングを施した第三世代のマイカ配合ポリマー振動板をAccurate系列として初めて採用する。またエッジやダンパーなどの駆動系もConfidence基準にグレードアップすることで、音の情報量が向上。前作Accurate llを大きく凌駕するのみならず名作Confidence llを肉薄する水準に達していると言って過言ではない。
上記の改良点に加えで振動板および駆動系の変更に合わせて磁気回路を見直し、かつファインチューニング。外装はConfidence lllと同様、パールホワイト塗装仕上げを施したフレームで前作と比べ、いちだんと質感が増している。

ショップデモカーを聴く機会があり、前モデルのAccurate llとの違いがはっきりと確認できた。独自のP.P.C.偏芯コーンの特徴である全帯域での統一感、良好な指向特性に加え、スムーズな周波数特性はそのまま受け継ぎ、より繊細感が増して楽器や歌声を如実に描き、明快なサウンドトーンを放つ。音痩せがなく、肉厚のある音調も同社ならでは。これも同系素材による5cmトゥイーター、13cmミッドウーファーの組み合わせ、そして一般的な高いクロスオーバー設定ではなく、低いクロスオーバーの効用といえよう。総じて音のグレードアップしたことは喜ばしいことだ。
《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

  2. 【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

    【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

  3. フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

    フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

  6. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  7. アイサイトでどこまで自動運転ができるか…2020年スバルのオートパイロット

  8. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  9. 【GARMIN Edge 25J インプレ前編】入門機と侮るなかれ、コスパ上々の超軽量GPSサイクルコンピュータ

  10. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら