米トヨタとレクサス、全車に自動ブレーキ標準化へ…2017年末までに

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • レクサス RX 新型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月21日、2017年末までに、トヨタとレクサスのほぼ全車へ、自動ブレーキを標準装備すると発表した。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)と米国IIHS(道路安全保険協会)は3月17日、自動車メーカー20社との間で、自動ブレーキを標準装備することで合意。合意の内容は、2022年までに、米国で販売される新車(乗用車とSUVなどのライトトラック)の全てに、自動ブレーキを標準装備するというもの。トヨタも、この合意に参加している。

トヨタは、この合意で定められた2022年よりも4年早い2017年末までに、ほぼ全車に自動ブレーキを標準化する計画。トヨタブランド車には、「トヨタ・セーフティ・センス」を、レクサスブランド車には、「レクサス・セーフティ・システム+」を、標準装備する。

トヨタ・セーフティ・センスには、2種類を用意。小型車用の「トヨタ・セーフティ・センスC」と、ミディアム・高級車用の「トヨタ・セーフティ・センスP」。両者は、前方の状況を認識するレーザーセンサーに、違いがある。レクサス・セーフティ・システム+は、トヨタ・セーフティ・センスPと基本的に共通。

北米トヨタのジム・レンツCEOは、「トヨタのコミットメントは、より良い移動手段を提供すること。高度なドライバーアシスト技術が、衝突事故の際、乗員を保護する性能を高めてくれるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  3. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  9. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る