米トヨタとレクサス、全車に自動ブレーキ標準化へ…2017年末までに

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • レクサス RX 新型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月21日、2017年末までに、トヨタとレクサスのほぼ全車へ、自動ブレーキを標準装備すると発表した。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)と米国IIHS(道路安全保険協会)は3月17日、自動車メーカー20社との間で、自動ブレーキを標準装備することで合意。合意の内容は、2022年までに、米国で販売される新車(乗用車とSUVなどのライトトラック)の全てに、自動ブレーキを標準装備するというもの。トヨタも、この合意に参加している。

トヨタは、この合意で定められた2022年よりも4年早い2017年末までに、ほぼ全車に自動ブレーキを標準化する計画。トヨタブランド車には、「トヨタ・セーフティ・センス」を、レクサスブランド車には、「レクサス・セーフティ・システム+」を、標準装備する。

トヨタ・セーフティ・センスには、2種類を用意。小型車用の「トヨタ・セーフティ・センスC」と、ミディアム・高級車用の「トヨタ・セーフティ・センスP」。両者は、前方の状況を認識するレーザーセンサーに、違いがある。レクサス・セーフティ・システム+は、トヨタ・セーフティ・センスPと基本的に共通。

北米トヨタのジム・レンツCEOは、「トヨタのコミットメントは、より良い移動手段を提供すること。高度なドライバーアシスト技術が、衝突事故の際、乗員を保護する性能を高めてくれるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

    タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  3. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

    三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  4. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  7. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  8. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら