米トヨタとレクサス、全車に自動ブレーキ標準化へ…2017年末までに

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • レクサス RX 新型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月21日、2017年末までに、トヨタとレクサスのほぼ全車へ、自動ブレーキを標準装備すると発表した。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)と米国IIHS(道路安全保険協会)は3月17日、自動車メーカー20社との間で、自動ブレーキを標準装備することで合意。合意の内容は、2022年までに、米国で販売される新車(乗用車とSUVなどのライトトラック)の全てに、自動ブレーキを標準装備するというもの。トヨタも、この合意に参加している。

トヨタは、この合意で定められた2022年よりも4年早い2017年末までに、ほぼ全車に自動ブレーキを標準化する計画。トヨタブランド車には、「トヨタ・セーフティ・センス」を、レクサスブランド車には、「レクサス・セーフティ・システム+」を、標準装備する。

トヨタ・セーフティ・センスには、2種類を用意。小型車用の「トヨタ・セーフティ・センスC」と、ミディアム・高級車用の「トヨタ・セーフティ・センスP」。両者は、前方の状況を認識するレーザーセンサーに、違いがある。レクサス・セーフティ・システム+は、トヨタ・セーフティ・センスPと基本的に共通。

北米トヨタのジム・レンツCEOは、「トヨタのコミットメントは、より良い移動手段を提供すること。高度なドライバーアシスト技術が、衝突事故の際、乗員を保護する性能を高めてくれるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  2. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  5. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  6. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  7. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  8. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  9. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  10. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら