ランボルギーニ、2015年はステイタス性向上で台数大幅増

自動車 ビジネス 国内マーケット

ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アド・ペルソナム仕様
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVロードスター
ランボルギーニは2015年、日本市場において大幅に台数を伸ばした。その理由は商品のステータス性向上にあるという。

2015年、前年比187%(2014年187台、2015年349台)を記録したランボルギーニ。2016年1月から2月でも50台を販売し、好調な滑り出しを見せる。ランボルギーニ青山ジェネラルマネージャーの石邑泰章氏は、個人的な印象としたうえで、「昨年『アヴェンタドールSV』登場をきっかけに、我々コーンズ・モータースが扱うロールスロイスやベントレー、フェラーリユーザーが(ランボルギーニを)購入し始め、ステータス性が大きく向上してきた」と印象を語る。そして、ランボルギーニのユーザーカスタマイズプログラム、“アド・ペルソナム”は、「我々がセールスの現場において、ユーザーへ(ランボルギーニのステータス性の)説得力や、商品の価値のアップには非常に魅力的なものになるだろう」という。

石邑氏は「『ウラカン』と他のミッドシップスポーツが並ぶと所有欲は負けるかもしれない。しかし、12気筒モデルになると圧倒的に『アヴェンタドール』だ」と現場の印象を述べる。

また、クオリティの高さも台数向上に貢献した。「アウディテクノロジーの導入により、信頼性が大幅に高まった。壊れないので全く入庫がなく売りっぱなし状態だ」と笑う。

そして、「昨年以降ステータス性が大幅に上がったので、これまでのランボルギーニのイメージで展開するのはやめようという要望を(メーカーと、インポーターに)出している。もっと格上に見せていこうと考えている」と今後の展開を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  9. ホンダ米国販売、3%増の14万台…新型 シビック 好調 6月

  10. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら