【大阪モーターサイクルショー16】ミドルクラスのBMW モトラッド、G310R 登場

モーターサイクル 新型車

4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
  • 4ストローク単気筒313ccエンジンを搭載するBMW Motorrad G310R。
BMW モトラッドのブースには、スチールフレームを骨格とした軽快な車体に313cc単気筒エンジンを積む『G310R』の姿があった。

ボア80mm×ストローク62.1mm、最高出力34PSを発揮するシングルエンジンは、後方排気・後傾シリンダーが大きな特徴だ。低重心化とフロントタイヤへの荷重をアップすると同時に、ホイールベースを短縮することにも貢献する。

足まわりも抜かりはない。ゴールドアルマイトが施されたインナーチューブ径41mmの倒立式フロントフォークに、フロントブレーキは対向4ポッドラジアルマウントキャリパーと300mmシングルディスクの組み合わせ。

ホワイトスプリングのリアショックやアルミダイキャスト製スイングアーム、150mm幅のリヤタイヤなど、軽快な走りが期待できる。

『S1000R』譲りのスタイルを持つスリムでコンパクトなミドルクラスのBMW モトラッドが、いよいよ日本での販売をスタートさせそうだ。なお、価格および発売時期は未定。

また、日本未導入の電動スクーター『C evolution』の展示もある。パワーフィールとスペックは、ガソリンエンジンの大型スクーターに引けを取らないという。航続距離100kmを発揮する。
《青木タカオ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品