【大阪モーターサイクルショー16】スズキブース、2017 GSX-R1000 や SV650 ラリーコンセプト が登場!

モーターサイクル エンタメ・イベント

参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナー。
  • 昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオン小島庸平選手のトークショー。
実際に触れることができる車両を数多く設置した大阪モーターサイクルショー16のスズキブース。なかでも注目を集めたのは、昨年11月のEICMA(ミラノショー)で世界初公開され本邦初公開となる『GSX-R1000』のほか、『SV650 ラリーコンセプト』だ。

ニューGSX-R1000はMotoGPマシンのテクノロジーが盛り込まれる可変バルブ機構を採用。さらにスズキドライブモードセレクター(S-DMS)、トラクションコントロール、クイックシフター、ローンチコントロールシステム、LEDヘッドライトなど、トップパフォーマーとして装備面を充実させている。

そして何の前触れもなく、いきなり展示されたのがSV650 ラリーコンセプト。「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプトで、フォグランプやプロテクション付きのヘッドライトを備えた。スポーティでネオレトロな提案といえる。

さらに、MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナーや、昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオンマシン『RM-Z450WS』を展示。小島庸平選手のトークショーもおこなわれ賑わった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. 携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

    携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

  3. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. バイクの魅力は「風や自然を感じる爽快感」…3人に1人が回答

  6. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  7. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  8. 「ジェントルマンズ ライド」日本初開催---トライアンフが支援 9月25日

  9. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  10. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら