【大阪モーターサイクルショー16】スズキブース、2017 GSX-R1000 や SV650 ラリーコンセプト が登場!

モーターサイクル エンタメ・イベント

参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナー。
  • 昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオン小島庸平選手のトークショー。
実際に触れることができる車両を数多く設置した大阪モーターサイクルショー16のスズキブース。なかでも注目を集めたのは、昨年11月のEICMA(ミラノショー)で世界初公開され本邦初公開となる『GSX-R1000』のほか、『SV650 ラリーコンセプト』だ。

ニューGSX-R1000はMotoGPマシンのテクノロジーが盛り込まれる可変バルブ機構を採用。さらにスズキドライブモードセレクター(S-DMS)、トラクションコントロール、クイックシフター、ローンチコントロールシステム、LEDヘッドライトなど、トップパフォーマーとして装備面を充実させている。

そして何の前触れもなく、いきなり展示されたのがSV650 ラリーコンセプト。「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプトで、フォグランプやプロテクション付きのヘッドライトを備えた。スポーティでネオレトロな提案といえる。

さらに、MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナーや、昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオンマシン『RM-Z450WS』を展示。小島庸平選手のトークショーもおこなわれ賑わった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

    ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  5. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  6. 【大阪モーターサイクルショー16】ホンダ、カフェレーサースタイルの Concept CB Type II を世界初公開

  7. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  8. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  9. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  10. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

アクセスランキングをもっと見る