【大阪モーターサイクルショー16】スズキブース、2017 GSX-R1000 や SV650 ラリーコンセプト が登場!

モーターサイクル エンタメ・イベント

参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナー。
  • 昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオン小島庸平選手のトークショー。
実際に触れることができる車両を数多く設置した大阪モーターサイクルショー16のスズキブース。なかでも注目を集めたのは、昨年11月のEICMA(ミラノショー)で世界初公開され本邦初公開となる『GSX-R1000』のほか、『SV650 ラリーコンセプト』だ。

ニューGSX-R1000はMotoGPマシンのテクノロジーが盛り込まれる可変バルブ機構を採用。さらにスズキドライブモードセレクター(S-DMS)、トラクションコントロール、クイックシフター、ローンチコントロールシステム、LEDヘッドライトなど、トップパフォーマーとして装備面を充実させている。

そして何の前触れもなく、いきなり展示されたのがSV650 ラリーコンセプト。「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプトで、フォグランプやプロテクション付きのヘッドライトを備えた。スポーティでネオレトロな提案といえる。

さらに、MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナーや、昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオンマシン『RM-Z450WS』を展示。小島庸平選手のトークショーもおこなわれ賑わった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

    「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  4. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  6. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  7. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  8. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  9. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  10. 1800人のハーレー乗りが熊本・阿蘇を元気づけた! 合計176万円の寄付も集まる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら