【大阪モーターサイクルショー16】スズキブース、2017 GSX-R1000 や SV650 ラリーコンセプト が登場!

モーターサイクル エンタメ・イベント

参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 参考出品車・コンセプトモデルとして本邦初披露されたGSX-R1000。2017年モデルとしての市販化が噂される注目モデルだ。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • 「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプト、SV650 RALLY CONSEPT。
  • MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナー。
  • 昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオン小島庸平選手のトークショー。
実際に触れることができる車両を数多く設置した大阪モーターサイクルショー16のスズキブース。なかでも注目を集めたのは、昨年11月のEICMA(ミラノショー)で世界初公開され本邦初公開となる『GSX-R1000』のほか、『SV650 ラリーコンセプト』だ。

ニューGSX-R1000はMotoGPマシンのテクノロジーが盛り込まれる可変バルブ機構を採用。さらにスズキドライブモードセレクター(S-DMS)、トラクションコントロール、クイックシフター、ローンチコントロールシステム、LEDヘッドライトなど、トップパフォーマーとして装備面を充実させている。

そして何の前触れもなく、いきなり展示されたのがSV650 ラリーコンセプト。「カフェレーサー×オンロードラリー」をテーマとしたカスタムコンセプトで、フォグランプやプロテクション付きのヘッドライトを備えた。スポーティでネオレトロな提案といえる。

さらに、MotoGPマシン『GSX-RR』にまたがることが出来るコーナーや、昨シーズンの全日本モトクロス・チャンピオンマシン『RM-Z450WS』を展示。小島庸平選手のトークショーもおこなわれ賑わった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  2. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

    カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  3. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

    バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  4. ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

  5. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  6. ”走る宝石”MVアグスタ をレンタルする…レンタル819

  7. OGKカブト、カムイ-2 にグラフィックモデル クレガントを追加

  8. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  9. OGKカブト、レーシングモデル RT-33 に新グラフィックを追加

  10. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

アクセスランキングをもっと見る