レクサス LC500 デザイナーが持つ「自分のデザイン」、ユーザーの感動を生む“手”

自動車 ビジネス 企業動向

谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • 谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • 谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • レクサス LC500
デトロイトモーターショー16で初公開されたレクサスの新最上級クーペ『LC500』。そのデザイン部グループ長の森忠雄氏は、六本木で開催中のテクノロジーアートイベント「MEDIA AMBITION TOKYO」におけるトークショーで、デザインのオートメーション化について「決定は人間であってほしい」と語った。

「スケッチを描く、粘土を削るといった作業を重ね、人の手でしっかりつくっているところに、レクサスもトヨタもユーザーの感動を生んでいると思う。でも、機械と人間が、いつひっくり返るかわからない気もする」。

森氏はレクサスのデザインフィロソフィーである「エル・フィネス」(エル・フィネス)をあげ、同ブランドに「大胆かつ飛躍的にデザインをアートの領域にまで高めていきたい」という意思があることを伝え、こう語った。

「人間には、最低限のディレクションとかが残ることはあるだろう。つまりどう感じるか、アートにもつながるところ。ソフトによってどんなにデザインができたとしても、決定は人間と思いたい。そうあってほしい。それから、“自分のデザイン”というものはやっぱり持っておかないと、あれしろこれしろと、外からのリクエストが多くなる。自分のデザインを持ってないと、『じゃああの人にこの仕事をやらせよう』というオーダーもなくなってしまう」。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  5. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  6. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  7. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  8. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  9. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る