レクサス LC500 デザイナーが持つ「自分のデザイン」、ユーザーの感動を生む“手”

自動車 ビジネス 企業動向

デトロイトモーターショー16で初公開されたレクサスの新最上級クーペ『LC500』。そのデザイン部グループ長の森忠雄氏は、六本木で開催中のテクノロジーアートイベント「MEDIA AMBITION TOKYO」におけるトークショーで、デザインのオートメーション化について「決定は人間であってほしい」と語った。

「スケッチを描く、粘土を削るといった作業を重ね、人の手でしっかりつくっているところに、レクサスもトヨタもユーザーの感動を生んでいると思う。でも、機械と人間が、いつひっくり返るかわからない気もする」。

森氏はレクサスのデザインフィロソフィーである「エル・フィネス」(エル・フィネス)をあげ、同ブランドに「大胆かつ飛躍的にデザインをアートの領域にまで高めていきたい」という意思があることを伝え、こう語った。

「人間には、最低限のディレクションとかが残ることはあるだろう。つまりどう感じるか、アートにもつながるところ。ソフトによってどんなにデザインができたとしても、決定は人間と思いたい。そうあってほしい。それから、“自分のデザイン”というものはやっぱり持っておかないと、あれしろこれしろと、外からのリクエストが多くなる。自分のデザインを持ってないと、『じゃああの人にこの仕事をやらせよう』というオーダーもなくなってしまう」。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品