レクサス LC500 デザイナーが持つ「自分のデザイン」、ユーザーの感動を生む“手”

自動車 ビジネス 企業動向

谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • 谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • 谷川じゅんじ氏、アーティスト・平川紀道氏、「LC500」デザイナー・森忠雄氏が登壇したトークショー「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平」(六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー、3月15日)
  • レクサス LC500
デトロイトモーターショー16で初公開されたレクサスの新最上級クーペ『LC500』。そのデザイン部グループ長の森忠雄氏は、六本木で開催中のテクノロジーアートイベント「MEDIA AMBITION TOKYO」におけるトークショーで、デザインのオートメーション化について「決定は人間であってほしい」と語った。

「スケッチを描く、粘土を削るといった作業を重ね、人の手でしっかりつくっているところに、レクサスもトヨタもユーザーの感動を生んでいると思う。でも、機械と人間が、いつひっくり返るかわからない気もする」。

森氏はレクサスのデザインフィロソフィーである「エル・フィネス」(エル・フィネス)をあげ、同ブランドに「大胆かつ飛躍的にデザインをアートの領域にまで高めていきたい」という意思があることを伝え、こう語った。

「人間には、最低限のディレクションとかが残ることはあるだろう。つまりどう感じるか、アートにもつながるところ。ソフトによってどんなにデザインができたとしても、決定は人間と思いたい。そうあってほしい。それから、“自分のデザイン”というものはやっぱり持っておかないと、あれしろこれしろと、外からのリクエストが多くなる。自分のデザインを持ってないと、『じゃああの人にこの仕事をやらせよう』というオーダーもなくなってしまう」。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  7. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  8. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  9. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】いすゞ、燃費性能を高めた大型トラック用エンジンなどを展示

アクセスランキングをもっと見る