ライアンエアー、仏航空管制官ストで多くの便が欠航…21日まで

航空 企業動向

欧州最大の格安航空会社(LCC)、ライアンエアーは、フランスの航空管制官が3月20日~21日にストライキを実施するため、多くの便に欠航・遅延が発生すると公式Twitterアカウントで発表した。

ストの影響を強く受けるとみられるのは、現地時間20日13時時点で、マルセイユ、パリ(ボーヴェ)、バルセロナ(エル・プラット)、リスボン、パルマ・デ・マリョルカ、ポルト発着便。他にもフランス域内を飛行する多くの便が欠航・遅延を余儀なくされる。

仏管制機関の組合は2009年から計41日間のストを実施してきた。ライアンエアーは「旅客の計画を台無しにするストをやめさせるため、欧州委員会への請願書に署名を」と呼びかけている。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品