人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

時代時代で変わるもの、「先鋭、精妙の美」を極める…レクサス LC500 デザイナーが語る

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

デトロイトモーターショー16で初公開されたレクサスの新最上級クーペ『LC500』は、同ブランドの次世代を象徴したモデルで、デザインフィロソフィー「エル・フィネス」の最新表現という。同デザイン部の森忠雄氏が、六本木で開催中のテクノロジーアートイベント「MEDIA AMBITION TOKYO」におけるトークショーで語った。

「レクサスというブランドをよりラグジュアリーに、より価値を持たせたいという思いのなかで、日本の自動車デザインはいまも後追いなところもある。いろいろなところからインスピレーションを受けて、それを組み合わせるという手法だと、どこか似通ってしまう。でもこのLC500はどのクルマにも似ていない。われわれには“エル・フィネス(L-finesse)”というキーワードを持ってクルマをつくっている」。

エル・フィネスの“L”は、Leading-Edge(先鋭)の頭文字。finesseは日本の文化が生んだ感性や巧みさを意味する「精妙」。「最先端の研ぎ澄まされた思想・技術・表現と洗練された深みを合わせもつ『先鋭-精妙の美』で、大胆かつ飛躍的にデザインをアートの領域にまで高める」というレクサスのデザイン哲学だ。

「たとえばドイツのメーカーだと、伝統を重んじてそれを昇華するというつくりかたもある。レクサスはそうじゃなくて、時代時代で変わるもので、最先端のものを使って洗礼されたものをつくりたい。そういった価値観で、どんなクルマにも似ていないものをつくってきた」。

そこには「らしさ」と「斬新」の絶妙なバランスがいるという。森氏は、「レクサスらしいかどうかを吟味するなかで、レクサスじゃないけどかっこいいよねという部分もある。そのギリギリの線でつくっていった。LC500には、いろいろな角度で表情が変わっていく色気がある。インダストリアルやロボット的な姿はない。直線はほとんどなく、すべてのサーフェースが緻密な曲面で構成されている」とも話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 2017年「FIA  日本スーパーラリーシリーズ」が発足…国際格式3戦で構成

    2017年「FIA 日本スーパーラリーシリーズ」が発足…国際格式3戦で構成

  2. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

    【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  3. 【MotoGP 第15戦日本】今年は金曜日から! バイク芸人ら3日間の観戦を熱望!!

    【MotoGP 第15戦日本】今年は金曜日から! バイク芸人ら3日間の観戦を熱望!!

  4. 【INDYCAR】2017年の日程公開…来季は1戦増の全17レースを予定

  5. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  6. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  7. 【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

  8. 【MotoGP 第15戦日本】事前PRイベントでバイクTV番組公開収録…9月11日 渋谷

  9. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  10. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『NCXX RACING レースクイーン』

アクセスランキングをもっと見る