【IAAE16】バングラデシュの電池メーカー、低価格をウリに日本市場での浸透を狙う

自動車 ビジネス 企業動向

ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
  • ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
「国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)2016」では海外からの出展が前回よりも4カ国多い14カ国に上った。その中でバングラデシュから出展したのがラヒマフローズ・グローバット社で、代表的な商品がバッテリーだ。

実は同社の親会社、ラヒマフローズ社はスーパーやエネルギー関連事業を手がける複合企業で、バングラデシュでは1、2を争う規模だという。1954年からバッテリーの製造販売を手がけ、94年にはGSユアサのバングラデシュ工場を買収した。年間250万個のバッテリーを製造し、世界56カ国に輸出している。ボッシュのバッテリーもOEM生産しているそうだ。

日本には2012年に参入。その最大のウリは低価格だ。「『クラウン』クラスのバッテリーが5000円前後になります。もちろん、性能についても日本製のものと変わりません。ただ、デザインなど雑なところがあり、日本ではまだまだといった感じです。日本では見た目も大事ですからね」と輸入販売元であるワールドネットの川北征人社長は話す。

それでも4年前に比べてずいぶん改良されたそうで、現在、国内で月に2000~3000個出ているという。販売の中心は楽天やアマゾンなどのインターネット販売と中古車販売店で、カー用品店には卸していないとのことだ。

「今回は先方の社長も来日し、相当力が入っている感じです。やはり、日本市場で受け入れられれば、世界でも販売しやすいですからね」と川北社長は話し、これからさらに日本市場での浸透を図るため、細かい改善点をどんどん要求していく方針だ。
《山田清志》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品