【IAAE16】バングラデシュの電池メーカー、低価格をウリに日本市場での浸透を狙う

自動車 ビジネス 企業動向

ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
  • ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
「国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)2016」では海外からの出展が前回よりも4カ国多い14カ国に上った。その中でバングラデシュから出展したのがラヒマフローズ・グローバット社で、代表的な商品がバッテリーだ。

実は同社の親会社、ラヒマフローズ社はスーパーやエネルギー関連事業を手がける複合企業で、バングラデシュでは1、2を争う規模だという。1954年からバッテリーの製造販売を手がけ、94年にはGSユアサのバングラデシュ工場を買収した。年間250万個のバッテリーを製造し、世界56カ国に輸出している。ボッシュのバッテリーもOEM生産しているそうだ。

日本には2012年に参入。その最大のウリは低価格だ。「『クラウン』クラスのバッテリーが5000円前後になります。もちろん、性能についても日本製のものと変わりません。ただ、デザインなど雑なところがあり、日本ではまだまだといった感じです。日本では見た目も大事ですからね」と輸入販売元であるワールドネットの川北征人社長は話す。

それでも4年前に比べてずいぶん改良されたそうで、現在、国内で月に2000~3000個出ているという。販売の中心は楽天やアマゾンなどのインターネット販売と中古車販売店で、カー用品店には卸していないとのことだ。

「今回は先方の社長も来日し、相当力が入っている感じです。やはり、日本市場で受け入れられれば、世界でも販売しやすいですからね」と川北社長は話し、これからさらに日本市場での浸透を図るため、細かい改善点をどんどん要求していく方針だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

    いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  4. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  5. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  6. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  7. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  8. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  9. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  10. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら