【IAAE16】バングラデシュの電池メーカー、低価格をウリに日本市場での浸透を狙う

自動車 ビジネス 企業動向

ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
  • ラヒマフローズ・グローバット社のバッテリー
「国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)2016」では海外からの出展が前回よりも4カ国多い14カ国に上った。その中でバングラデシュから出展したのがラヒマフローズ・グローバット社で、代表的な商品がバッテリーだ。

実は同社の親会社、ラヒマフローズ社はスーパーやエネルギー関連事業を手がける複合企業で、バングラデシュでは1、2を争う規模だという。1954年からバッテリーの製造販売を手がけ、94年にはGSユアサのバングラデシュ工場を買収した。年間250万個のバッテリーを製造し、世界56カ国に輸出している。ボッシュのバッテリーもOEM生産しているそうだ。

日本には2012年に参入。その最大のウリは低価格だ。「『クラウン』クラスのバッテリーが5000円前後になります。もちろん、性能についても日本製のものと変わりません。ただ、デザインなど雑なところがあり、日本ではまだまだといった感じです。日本では見た目も大事ですからね」と輸入販売元であるワールドネットの川北征人社長は話す。

それでも4年前に比べてずいぶん改良されたそうで、現在、国内で月に2000~3000個出ているという。販売の中心は楽天やアマゾンなどのインターネット販売と中古車販売店で、カー用品店には卸していないとのことだ。

「今回は先方の社長も来日し、相当力が入っている感じです。やはり、日本市場で受け入れられれば、世界でも販売しやすいですからね」と川北社長は話し、これからさらに日本市場での浸透を図るため、細かい改善点をどんどん要求していく方針だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. メルセデス・ベンツ日本 上野社長「カーシェアを日本でも積極的に進めていく」

    メルセデス・ベンツ日本 上野社長「カーシェアを日本でも積極的に進めていく」

  3. JEITA、ドライブレコーダー出荷実績を公表へ…第1四半期は32万台

    JEITA、ドライブレコーダー出荷実績を公表へ…第1四半期は32万台

  4. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  5. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  6. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  7. VWの排ガス不正問題の和解案、米国の裁判所が仮承認

  8. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら