【鈴鹿ファン感謝デー16】ジャン・アレジ氏とホンダドライバーが対決…「みんなと走れて楽しい」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
3月12・13日に鈴鹿サーキットで開催された「2016モータースポーツファン感謝デー」にゲスト来場したジャン・アレジ氏。息子との共演以外にも様々な対決に登場し会場を盛り上げた。

2日間ともF1マシンのデモランに注目が集まったが、この他にも「CR-Zドリームレース」と「Hondaスポーツタイムハンデマッチ」に登場。国内で活躍するホンダのドライバーに加え、今季からスーパーフォーミュラに参戦するストフェル・バンドーンも参戦。さらに1990年にはティレルでチームメイトだった中嶋悟氏とガンチコ勝負。もちろん、デモレースではあるのだが、いざステアリングを握ってスタートすると何が何でも負けたくないようで、本番のレース同様のアグレッシブなラインで走行。ちょうどCR-Z10リッターチャレンジのマシンを使用したレースでは赤色の車両に乗っていたこともあり、各ドライバーとも警戒している様子だった。

さらにHondaスポーツタイムハンデマッチでは、ホンダ『S660』に乗車。45秒後方からスタートする新型『NSX』から何としても逃げ切るため、F1時代を思い出させるようなコース幅いっぱいまで攻め込む走りを披露。これに後方から追いかけた他のドライバーは「ジャンさんがコーナーをインカット気味に行くから砂利がコースにばら撒かれていてビックリした」「かなり本気でラインをブロックしてくるから大変だった」と、デモレースながら、その本気ぶりに驚く声も。

特に2日目の対決では、日立オートモティブシステムズシケインを豪快にショートカット。最終的に山本が駆る『NSX』から逃げ切りトップチェッカーを受けた。しかし、結果はもちろん失格。それでも、ジャン氏は今のドライバーたちとの勝負を心から楽しんでいた様子で「今は機会がないから、こうしてみんなと本気で走ることはなかなかないし、こういうところでしかレースができないから楽しかったよ」と嬉しそうにコメント。2日間とも会場全体を沸かせてくれた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

    【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  4. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  6. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  7. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  8. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  9. 乗り物をアートする…オートモビルアート連盟の作品展がスタート 7月4日まで

  10. 【ルマン24時間 2016】「トヨタは負け嫌い、捲土重来を期す」…豊田社長

アクセスランキングをもっと見る