人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL輸送実績、欧州線の旅客人数10%減と依然低迷…2月

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、2月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客輸送人数は、前年同月比2.4%増の64万5242人と6カ月連続で前年を上回った。方面別では、韓国線が同14.5%減の4万8246人と低迷、中国線が同1.1%減の10万9257人と前年を割り込んだ。欧州線はパリのテロ事件などの影響もあって同10.1%減の3万9057人と低迷している。

好調だったのは太平洋線で同12.9%増の16万0678人だった。東南アジア線は同3.8%増の26万1829人だった。

国際線の利用率は77.0%と4カ月連続で7割台にとどまった。

国内線の旅客人数は同3.4%増の245万9167人と3カ月連続で前年を上回った。利用率は67.0%だった。

貨物郵便輸送実績は、国際線貨物が同15.4%減の2万1048トン、国際線郵便が同1.1%減の2630トンだった。国内線貨物は同2.9%増の2万8769トン、国内線郵便が同0.8%増の2418トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 中国国際航空、成都=シドニー線を開設 11月11日から

    中国国際航空、成都=シドニー線を開設 11月11日から

  2. MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

    MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

  3. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  4. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  5. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  6. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

  7. 4年に一度“空の大博覧会”「2016国際航空宇宙展」  10月12~15日

  8. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  9. ANA、50機目となるボーイング787型機を受領へ

  10. 航空自衛隊向け F-35A の試験飛行を8月中に実施

アクセスランキングをもっと見る