JAL輸送実績、欧州線の旅客人数10%減と依然低迷…2月

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、2月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客輸送人数は、前年同月比2.4%増の64万5242人と6カ月連続で前年を上回った。方面別では、韓国線が同14.5%減の4万8246人と低迷、中国線が同1.1%減の10万9257人と前年を割り込んだ。欧州線はパリのテロ事件などの影響もあって同10.1%減の3万9057人と低迷している。

好調だったのは太平洋線で同12.9%増の16万0678人だった。東南アジア線は同3.8%増の26万1829人だった。

国際線の利用率は77.0%と4カ月連続で7割台にとどまった。

国内線の旅客人数は同3.4%増の245万9167人と3カ月連続で前年を上回った。利用率は67.0%だった。

貨物郵便輸送実績は、国際線貨物が同15.4%減の2万1048トン、国際線郵便が同1.1%減の2630トンだった。国内線貨物は同2.9%増の2万8769トン、国内線郵便が同0.8%増の2418トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカ海兵隊、オバマ大統領の来日にあわせて「マリーンワン」を運用

    アメリカ海兵隊、オバマ大統領の来日にあわせて「マリーンワン」を運用

  2. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

    MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  3. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

    MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  4. 【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

  5. 成田国際空港、航空機発着回数や航空旅客人数が過去最高…4月

  6. 成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

  7. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  8. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  9. 香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

  10. 先進技術実証機「X-2」、4月下旬の初飛行に向けたテスト継続

アクセスランキングをもっと見る