米運輸省、自動車20社と合意…2022年末までに自動ブレーキ標準化へ

自動車 ビジネス 企業動向

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)と米国IIHS(道路安全保険協会)は3月17日、自動車メーカー20社との間で、自動ブレーキを標準装備することで合意した、と発表した。

今回の合意には、アウディ、BMW、FCA US、フォード、GM、ホンダ、ヒュンダイ、ジャガー・ランドローバー、キア、マセラティ、マツダ、メルセデスベンツ、三菱、日産、ポルシェ、スバル、テスラ、トヨタ、フォルクスワーゲン、ボルボカーズが参加。この20社で、米国の新車販売の99%以上を占める。

合意の内容は、2022年末までに、米国で販売される新車(乗用車とSUVなどのライトトラック)の全てに、自動ブレーキを標準装備するというもの。大型トラックに関しては、2025年末までの標準化を目指す。

NHTSAとIIHSでは、自動ブレーキの標準化が3年早まれば、その3年間で事故を約2万8000件、負傷者を約1万2000人、減らせると見込む。

NHTSAのアンソニー・フォックス長官は、「自動車の安全にとって、画期的な合意。自動ブレーキが標準装備されることにより、自動車メーカー20社は多くの事故を回避し、命を救うことができるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  3. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

    【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  4. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  5. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  6. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  7. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  8. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  9. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  10. 東洋ゴムとガンバ大阪、プラチナパートナー契約を締結

アクセスランキングをもっと見る