ANA、小型プロペラ機でWi-Fiサービスを開始…3月22日から

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、3月22日から小型プロペラ機「DHC8-Q400型機」で「ANA Wi-Fiサービス」の提供を開始すると発表した。

すでにWi-Fiサービスを提供しているB777-300型機に続き、日本で初めて小型プロペラ機でもワイヤレスエンターテイメントサービスを提供する。

DHC8-Q400型機でワイヤレスエンターテイメントサービスでは、乗客が持つスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末で、ビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍、ライブテキストニュースを機内で利用できる。

3月22日にDHC8-Q400型機1機で開始し、今年4月末までに合計3機に導入する。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品