ANA、小型プロペラ機でWi-Fiサービスを開始…3月22日から

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、3月22日から小型プロペラ機「DHC8-Q400型機」で「ANA Wi-Fiサービス」の提供を開始すると発表した。

すでにWi-Fiサービスを提供しているB777-300型機に続き、日本で初めて小型プロペラ機でもワイヤレスエンターテイメントサービスを提供する。

DHC8-Q400型機でワイヤレスエンターテイメントサービスでは、乗客が持つスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末で、ビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍、ライブテキストニュースを機内で利用できる。

3月22日にDHC8-Q400型機1機で開始し、今年4月末までに合計3機に導入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

    シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  4. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  5. 羽田空港の延長C滑走路、12月11日供用開始…地上と上空から見る[写真蔵]

  6. 熊本空港発着路線が全便で運航再開へ…6月2日から通常ダイヤに

  7. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  8. シンガポール航空の機内販売ポータルサイト、マイルでの支払いが可能に

  9. ルフトハンザドイツ航空、羽田~フランクフルト線に「空の女王」を投入

  10. ボーイング、777X型機複合材主翼の製造施設を開設

アクセスランキングをもっと見る