セブ・パシフィック航空、マニラ=グアム線を開設…週4往復

航空 企業動向

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィック航空は3月15日、マニラ=グアム線を開設し、週4往復(火・木・土・日)で運航を開始した。

セブ・パシフィックのマニラ=グアム線は同社初の米国路線。同社はフィリピン=グアム間を運航する唯一のLCC。年間通常運賃は7203フィリピン・ペソ(約1万7500円)からで、他社に比べて4割ほど安い。

フライトスケジュールは次の通り。5J101便はマニラを3時45分に出発し、グアムに10時15分に到着。5J102便はグアムを12時30分に出発し、マニラに14時55分に到着する。所要時間は3時間40分程度。使用機材はエアバスA320。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品