ブリヂストン、2016年のモータースポーツサポート計画を発表 | レスポンス(Response.jp)

ブリヂストン、2016年のモータースポーツサポート計画を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブリヂストンモータースポーツ展(参考画像)
  • ブリヂストンモータースポーツ展(参考画像)
  • ブリヂストンモータースポーツ展(参考画像)
ブリヂストンは3月17日、2016年の国内外におけるモータースポーツサポート計画を発表した。

日本国内では、四輪のSUPER GT、二輪の鈴鹿8時間耐久、全日本ロードレースといったトップカテゴリーレースを中心に力を注いでいく。また、クルマ好きを増やす活動としてトヨタGAZOOレーシング86/BRZレース、ロードスター・パーティレースIII、ジムカーナをはじめとした参加型モータースポーツを通じて走る楽しさを提供していく。

海外では、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦するトヨタGAZOOレーシングの3台にタイヤを供給し、開催地では顧客との新たなコミュニケーション施策を展開する。また、米国ではインディカーシリーズへファイアストンブランドでのタイヤ供給を引き続き行う。今年はインディ500開催100回目の節目の年であり、ファイアストンのブランド力を一層高める活動を行っていく。

四輪レースは主にPOTENZAレーシングタイヤを、二輪レースには主にBATTLAXレーシングタイヤを供給し、チームやドライバー・ライダーとともに勝利を目指す。また、四輪レースの参加型モータースポーツにはPOTENZA RE-71Rなどを供給する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品