【リコール】スバル フォレスターなど1万7000台、吸気ダクト不具合でエンストのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

スバル フォレスター(参考画像)
  • スバル フォレスター(参考画像)
  • 改善箇所
富士重工業は3月17日、スバル『フォレスター』などの吸気ダクトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フォレスター』『WRX』『レヴォーグ』の3車種で、2015年4月10日~10月21日に製造された1万7117台。

直噴ターボエンジンの吸気ダクトにおいて、製造管理が不適切なため、正規と異なる材料で製造されたものがある。そのため、使用過程で耐油性能や耐熱性能が低下し、ダクトに亀裂が発生してエンジン不調となり、最悪の場合、エンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、吸気ダクトの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。社内および海外市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

    マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  3. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

    チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  4. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  5. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  6. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  7. 【プロに聞くタイヤ選び】燃費、安全、快適性…現状の不満点から考えるベストなタイヤとは

  8. 合成油のパイオニア、冬に強い「モービル1」…選ばれる理由とは

  9. 【インタビュー】マツダ 福原和幸常務執行役員 「進化のアクセラから反転攻勢」

  10. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら