【リコール】スバル フォレスターなど1万7000台、吸気ダクト不具合でエンストのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

スバル フォレスター(参考画像)
  • スバル フォレスター(参考画像)
  • 改善箇所
富士重工業は3月17日、スバル『フォレスター』などの吸気ダクトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フォレスター』『WRX』『レヴォーグ』の3車種で、2015年4月10日~10月21日に製造された1万7117台。

直噴ターボエンジンの吸気ダクトにおいて、製造管理が不適切なため、正規と異なる材料で製造されたものがある。そのため、使用過程で耐油性能や耐熱性能が低下し、ダクトに亀裂が発生してエンジン不調となり、最悪の場合、エンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、吸気ダクトの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。社内および海外市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

    タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  3. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

    三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  4. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  7. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  8. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  9. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  10. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら