ブリヂストンサイクル、カーボンベルト駆動を搭載したクロスバイクを発売へ

エンターテインメント 話題

ブリヂストンサイクルは、シティサイクルの便利パーツと、カーボンベルト駆動を搭載したクロスバイク「オルディナS5B」を、3月下旬から全国の販売店を通して発売する。

健康志向や環境意識への高まりから、クロスバイクの需要が年々高まっていることからクロスバイクを初めて購入する人でも手軽で扱いやすい製品としてオルディナS5Bを開発した。

「はじめてのクロスバイク」をテーマに、5段変速カーボンベルト駆動とシティサイクルの便利パーツを搭載した。カーボンベルト駆動は、ベルト素材にカーボン繊維を織り込むことで、伸びが少なく、ダイレクトな走行感を実現するスポーツバイク領域対応のベルト駆動システムで、チェーンと異なり、注油が不要。走行中のチェーン外れなどのトラブルも少ない。

また、手軽で扱いやすい便利パーツとして、シティサイクル用の空気入れがそのまま使用できる英式バルブ、街の自転車屋で交換可能なシティサイクルと同規格のタイヤ、ワイヤー錠ではなく自転車に固定されたサークル錠、路上で立てかけなくても駐輪できる自転車スタンドを搭載する。

このほか、軽量アルミ素材を、フレーム・ペダルクランク・リムに採用することで、スポーティな走行性能も追求した。

今回は、フレームサイズの異なる2モデルから各4色を、3年間盗難補償を無料で付帯する。

販売目標は年間3500台。価格は5万7800円(税抜き)。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品