【リコール】スバル レヴォーグ など6万3000台、駐車ブレーキが解除できないおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・レヴォーグ(参考画像)
  • スバル・レヴォーグ(参考画像)
  • 改善箇所
富士重工業は3月17日、スバル『レヴォーグ』などのパーキングブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『レヴォーグ』『WRX』『レガシィ』の3車種で、2014年5月13日~2015年9月16日に製造された6万3598台。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)ユニットの電動パーキングブレーキ制御プログラムが不適切なため、車両駐車時に電動パーキングブレーキを作動させ、一定時間後にイグニッションスイッチをオフからオンに操作すると、電動パーキングブレーキのモータが作動し続けることがある。そのため、当該モータが損傷し、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、VDCユニットの制御プログラムを書き換える。

不具合は44件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  3. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

    スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  5. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  8. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  9. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  10. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

アクセスランキングをもっと見る