シュコダ通期決算、営業利益は12%増…過去最高 2015年

自動車 ビジネス 企業動向

シュコダ スペルブ(欧州仕様)
  • シュコダ スペルブ(欧州仕様)
  • シュコダの新型セダン、ラピッド
  • シュコダ ファビア
  • シュコダ イエティ
  • シュコダ・Citigo
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは3月16日、2015年通期(1‐12月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は過去最高の124億8600万ユーロ(約1兆5775億円)。前年の117億5800万ユーロに対して、6.2%増えた。

また、2015年通期の営業利益は、過去最高の9億1500万ユーロ(約1156億円)。前年の8億1700万ユーロに対して、12%増えている。

2015年の世界新車販売台数は、過去最高の105万5500台。前年比は、1.8%増だった。市場別で見ると、中国が新記録となる28万1700台を販売。中国を除いた全世界では、前年比2.4%増の77万4000台を販売した。

シュコダのベルンハルト・マイヤーCEOは、「2015年はシュコダにとって良い1年だった。困難な市場環境にもかかわらず、販売台数、売上高、収益の面で新記録を打ち立てた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マセラティの新型SUV、レヴァンテ を増産

  10. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら