三菱電機、単体で利用できるGPS機能付ETC2.0車載器を発売

自動車 テクノロジー ITS

三菱電機 EP-E216SBG(商用車向け)
  • 三菱電機 EP-E216SBG(商用車向け)
  • 三菱電機 EP-E216SB(一般車向け)
三菱電機は、単体でETC2.0サービスを利用できるGPS機能付発話型の「ETC2.0車載器」2機種を4月5日に発売する。

新製品はGPS機能を搭載し、スピーカーを内蔵した業界最小のETCアンテナを採用。カーナビと接続せずに単独で手軽にETC2.0サービスが利用できる。

ETC2.0サービスを利用することで、高速道路上の混雑や事故などの前方状況や、合流してくる車両の存在などを音声で案内し、安全・快適な運転をサポート。また、渋滞などを迂回する経路を走行したドライバーに高速料金を割引する経路情報を活用した新しいETC2.0サービス(2016年度導入予定)にも対応する。

商用車向けモデル「EP-E216SBG」は、起終点を記録し、走行履歴の把握や正確な到着時間を予測することで、トラック運行の効率化に貢献。さらに急ブレーキ・急ハンドルの情報を物流業者へ提供する(予定)ことで、安全管理も支援する。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品