【IAAE16】曙ブレーキの10ポッドキャリパー発見!…市販はいつ?

自動車 ビジネス 国内マーケット

曙ブレーキの10ポットキャリパー。ピストンの位置を同一円周上ではなく、ずらして並べることでサイズもコンパクトにできた
  • 曙ブレーキの10ポットキャリパー。ピストンの位置を同一円周上ではなく、ずらして並べることでサイズもコンパクトにできた
  • 10ポットキャリパー
  • 10ポットキャリパー
  • 10ポットキャリパー
  • こちらはカラーリングされたキャリパー。マルチポットではなく、標準キャリパーを2つ使うツインキャリパーのクルマも存在する
曙ブレーキ工業が、ピストン型の10ポットブレーキキャリパーの実物を展示していた。このブレーキは、10日に正式にアナウンスされたもので、これまでスポーツカー向けなどによくある4ポット、6ポットを上回るピストンを持ったブレーキキャリパーだ。

大型のSUVは必然的に車重も重くなりホイール径も大きくなるため、スポーツカーでなくとも強力な制動力が求められている。一般に大径のディスクローターに対して安定した制動をかけるには、パッドの面積も大きくする必要がある。そして、そのパッドを均一に押し当ててやるため、ピストンを複数に分散させるのがマルチポットのブレーキキャリパーということになる。

曙ブレーキ工業では、このようなニーズに対応するため、10ポットのキャリパーを開発したという。すでに市販は決定しているとのことだが、いつごろか、どの車に搭載されるのかはまだ発表できないそうだ。ただし、正式なリリースも出し、現物の展示も行っているので、そう遠くない将来、これを搭載した市販車を見ることができるだろう。その場合、本体の色やブランドロゴは供給先のメーカーのものになるはずだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  4. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  5. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  6. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  7. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

  8. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  9. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  10. 【リコール】BMW 320d、ホース不具合で燃料漏れのおそれ

アクセスランキングをもっと見る