【IAAE16】子どもやペットもOK、素材を選ばない内装コーティング「AUTOGLYM」

自動車 ビジネス 国内マーケット

AUTOGLYM インテリアプロテクター
  • AUTOGLYM インテリアプロテクター
  • ペーパータオルに水を垂らすと、施工した部分は水を吸収しない
  • コーティングは繊維にもしっかりしみ込むため、裏側の紙もちゃんと水をはじく
  • 展示ブース
ケミカル用品のプレミアム・カーケア・ジャパンは、「国際オートアフターマーケットEXPO2016」(IAAE16)で、「AUTOGLYM 」という内装のコーティング剤を展示していた。

ボディのコーティング剤は、国内外のさまざまなメーカーから販売されており、日本でもディーラーから量販店まで取り扱いがあるが、車のシートなど内装をコーティングする製品はあまりない。AUTOGLYMの「SHIELDインテリア・プロテクション」は、布、本革、アルカンターラ、スウェードなど素材を選ばず、コーティングでき、水気や汚れなどをはじくという。

ブースで説明してくれた同社 代表取締役 COO 大森伸弥氏によれば、革はもちろん、合皮、毛が立っているような布、編み込んだ布などでも、繊維ごとにしっかりコーティングできるので、食べこぼしやペットの汚れなども寄せ付けないそうだ。素材を選ばないため、布やスウェードなどのコンビネーションシートでも気にせず使える。

説明しながら大森氏は、ペーパータオルに本製品を施工したものでデモをしてくれた。ごく普通のペーパータオルにペットボトルの水を垂らしてみたところ、施工した部分はみごとに水玉が踊ったが、施工していない部分は普通に水がしみ込んだ。食べこぼしや泥なども同様にはじくため、繊維にしみ込むことがなく、ふき取るだけでシミを残さない。

製品にはスプレーと施工用のスポンジが入っているので、だれでもできそうだが、防水、防汚を完璧にするためにはしっかりとしたコーティングが必要で、そこは専門家にまかせたほうが確実とのことだ。そのため大森氏は「施工不良で効果がないといわれると、かえって製品の評価を落とすことになるので、いまのところディーラーや整備工場など業者向けの販売からスタートさせている」そうだ。

その代わり、プロがしっかりコーティングしたシートは、表面が擦り切れるくらいまで効果が持続するという。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  7. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  8. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  9. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  10. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら