【IAAE16】子どもやペットもOK、素材を選ばない内装コーティング「AUTOGLYM」

自動車 ビジネス 国内マーケット

AUTOGLYM インテリアプロテクター
  • AUTOGLYM インテリアプロテクター
  • ペーパータオルに水を垂らすと、施工した部分は水を吸収しない
  • コーティングは繊維にもしっかりしみ込むため、裏側の紙もちゃんと水をはじく
  • 展示ブース
ケミカル用品のプレミアム・カーケア・ジャパンは、「国際オートアフターマーケットEXPO2016」(IAAE16)で、「AUTOGLYM 」という内装のコーティング剤を展示していた。

ボディのコーティング剤は、国内外のさまざまなメーカーから販売されており、日本でもディーラーから量販店まで取り扱いがあるが、車のシートなど内装をコーティングする製品はあまりない。AUTOGLYMの「SHIELDインテリア・プロテクション」は、布、本革、アルカンターラ、スウェードなど素材を選ばず、コーティングでき、水気や汚れなどをはじくという。

ブースで説明してくれた同社 代表取締役 COO 大森伸弥氏によれば、革はもちろん、合皮、毛が立っているような布、編み込んだ布などでも、繊維ごとにしっかりコーティングできるので、食べこぼしやペットの汚れなども寄せ付けないそうだ。素材を選ばないため、布やスウェードなどのコンビネーションシートでも気にせず使える。

説明しながら大森氏は、ペーパータオルに本製品を施工したものでデモをしてくれた。ごく普通のペーパータオルにペットボトルの水を垂らしてみたところ、施工した部分はみごとに水玉が踊ったが、施工していない部分は普通に水がしみ込んだ。食べこぼしや泥なども同様にはじくため、繊維にしみ込むことがなく、ふき取るだけでシミを残さない。

製品にはスプレーと施工用のスポンジが入っているので、だれでもできそうだが、防水、防汚を完璧にするためにはしっかりとしたコーティングが必要で、そこは専門家にまかせたほうが確実とのことだ。そのため大森氏は「施工不良で効果がないといわれると、かえって製品の評価を落とすことになるので、いまのところディーラーや整備工場など業者向けの販売からスタートさせている」そうだ。

その代わり、プロがしっかりコーティングしたシートは、表面が擦り切れるくらいまで効果が持続するという。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  2. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

    トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  3. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

    恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  4. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  5. ホンダ、タカタ製エアバッグで15万台追加リコール…マレーシア

  6. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  9. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  10. 日産、国内の女性管理職比率が9.1%に上昇…4人に1人は部長級以上

アクセスランキングをもっと見る