ロールスロイス、一挙30台注文のホテル王…最初のファントム納車

自動車 ニューモデル モーターショー

ロールスロイス ファントム
  • ロールスロイス ファントム
  • ロールスロイス ファントム
  • ロールスロイス ファントムとルイ13世ホテルのスティーブ・ハン会長
  • ロールスロイス ファントムとルイ13世ホテルのスティーブ・ハン会長
  • ロールスロイス ファントムとルイ13世ホテルのスティーブ・ハン会長
英国の高級車メーカー、ロールスロイス・モーターカーズ(以下、ロールスロイス)は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、特別な『ファントム』30台の最初の1台を顧客に引き渡した。

ロールスロイスは2014年9月、マカオの超高級ホテル、「ルイ13世」から、30台のファントムを受注したと発表。中国の特別行政区であり、世界有数の観光地のマカオに、2016年夏の開業を予定している超高級ホテルがルイ13世だ。

30台のファントムは、全てロールスロイスがカスタマイズを施した「ビスポーク」仕様。「エクステンデット・ホイールベース」車をベースに、超高級ホテルの送迎車に相応しい、さらなる豪華さが追求された。

3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16では、このファントムの30台の最初の1台を、ルイ13世のスティーブ・ハン会長に引き渡した。ロールスロイスによると、ひとりの顧客から一度に30台の受注は、過去最大という。

ロールスロイスのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは、「ルイ13世ホテルと特別なファントムが、マカオの新たなランドマークになるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品