【ジュネーブモーターショー16】ヒュンダイ アイオニック プラグイン[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は『アイオニック プラグイン』を、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16で初公開した。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイが開発を進めてきた新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定し、通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。

ジュネーブモーターショー16で発表されたアイオニック プラグインのPHVパワートレインは、ハイブリッド版と同じく、新開発の直噴ガソリン「GDI」。ヒュンダイの「カッパ」シリーズの最新作で、排気量は1.6リットルの直列4気筒ガソリン直噴エンジン。最大出力105ps/5700rpm、最大トルク15kgm/4000rpmを引き出す。

モーターは、最大出力ハイブリッドの44psから、PHVでは61psに強化。二次電池のリチウムイオンポリマーバッテリーも、蓄電容量を1.56kWhから8.9kWhに大容量化した。

アイオニック プラグインは、EVモードで最大50km走行可能。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン C3 新型を初公開へ…エアバンプも設定

    【パリモーターショー16】シトロエン C3 新型を初公開へ…エアバンプも設定

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode 57」…チューニングで702馬力へ

  5. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  6. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  8. ファーストクラス並み!? メルセデスの超豪華バンがさらに進化

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  10. トヨタ プロボックス&サクシードを一部改良…セーフティ センスCを標準装備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら