【ジュネーブモーターショー16】ヒュンダイ アイオニック プラグイン[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン(ジュネーブモーターショー16)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は『アイオニック プラグイン』を、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16で初公開した。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイが開発を進めてきた新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定し、通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。

ジュネーブモーターショー16で発表されたアイオニック プラグインのPHVパワートレインは、ハイブリッド版と同じく、新開発の直噴ガソリン「GDI」。ヒュンダイの「カッパ」シリーズの最新作で、排気量は1.6リットルの直列4気筒ガソリン直噴エンジン。最大出力105ps/5700rpm、最大トルク15kgm/4000rpmを引き出す。

モーターは、最大出力ハイブリッドの44psから、PHVでは61psに強化。二次電池のリチウムイオンポリマーバッテリーも、蓄電容量を1.56kWhから8.9kWhに大容量化した。

アイオニック プラグインは、EVモードで最大50km走行可能。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

    マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  2. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  3. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

    日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  4. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  5. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  6. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

  7. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  8. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  9. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  10. ランボルギーニ ウラカン スパイダー、日伊国交150周年イベントで六本木に展示

アクセスランキングをもっと見る