テラモーターズ、ドローンを活用したサービス事業に参入…テラドローン設立

航空 企業動向

EVバイクを製造・販売するテラモーターズは、ドローン(無人航空機)を使ったサービス事業に参入すると発表した。

同社は、ドローンを使ったサービスを展開する「テラドローン」を設立、リカノスから高精度な3次元形状を生成する技術を取得する。まず、ドローンを活用した測量サービスを全国で展開する。

同社はドローンとソフトを自社で開発し、ドローンを活用した様々なサービスを展開する。ドローン自体は販売しない。

測量サービスでは、測量する位置にターゲットを設置して基準点の座標を計測、その上でドローンを使って複数の画像を空撮する。その後、画像合成ソフトを使って空撮したデータを処理し、3次元モデルの作成、地形の平面図、縦横断面図の図面作成や土量計算などの各種解析ができる。

ドローンによる測量では、地上レーザー計測と比べて誤差5cm以下で、測量のコスト低減、所要時間の大幅短縮が図れる。サービスは全国展開するほか、海外市場にも参入する。

今後、インフラ点検・維持管理や農業分野などでドローンを活用したサービスの展開も検討する。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品