JAXAなど、太陽観測衛星「ひので」による部分日食の画像を公開

宇宙 科学

部分日食開始から2分後
  • 部分日食開始から2分後
  • 最大食
  • 部分日食終了の2分前
宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立天文台、米国航空宇宙局(NASA)は、3月9日に太陽観測衛星「ひので」が撮影した部分日食の画像を公開した。

公開した画像は、「ひので」が3月9日午前9時08分頃(日本標準時)、高度680kmでインドネシア上空を通過中、搭載されているX線望遠鏡(XRT)で撮影したもの。

X線で輝く太陽コロナを背景に、新月状態の黒い月が太陽の南西から現れ、北に向けて太陽面を横切っていく様子がとらえられた。「ひので」から見ると最大食分0.978と太陽のほとんどが隠され、皆既食帯に入る一歩手前の部分日食だった。

「ひので」の飛行速度は時速約2万7000kmと非常に早いため、部分日食の開始から終了まで、約15分だった。

「ひので」は、この撮影の前後に、皆既日食が観測されたインドネシアで地上観測を行ったチームと国際共同観測を行った。X線コロナ画像の撮影の他、コロナから発せられる紫外線輝線の観測を、極端紫外線撮像分光装置(EIS)で行った。これらのデータは、皆既日食時に可視光で見られるコロナ構造とX線ジェットの因果関係や、高温なコロナ物質の物理的状態を調べる研究に用いられる予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 宇宙放射線とそのリスクを追求 カナダ

    宇宙放射線とそのリスクを追求 カナダ

  2. NASA、宇宙探査機「オシリス・レックス」打ち上げ業務を発注…総額は約180億円

    NASA、宇宙探査機「オシリス・レックス」打ち上げ業務を発注…総額は約180億円

  3. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

    アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  4. サブオービタル商業宇宙旅行 現在の進捗と新たなユーザーの可能性

  5. 「みずがめ座デルタ南流星群」を生中継 7月28日21時からウェザーニューズ

  6. 2030年 宇宙ロケットなど人工衛星関連市場が43兆9653億円に…富士経済が航空宇宙市場を調査

  7. 重力波望遠鏡 LIGO で重力波の検出に初成功、アインシュタインが100年前に予言

  8. NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

  9. 【夏休み】野辺山宇宙電波観測所に展示室を開館

  10. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら