暴走族実態、グループ数・構成員・検挙人数が減少…2015年警察庁調べ

自動車 社会 社会

2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
警察庁は、2015年の暴走族の実態と検挙状況をまとめた。

2015年の暴走族グループ数は前年より71減の227グループで構成員が59人減って6771人、このうち15~24歳が5460人となっている。

暴走族のい集・走行回数は248回減って2883回、暴走族の検挙人数が90人マイナスの1万4652人、暴走族に関する110番通報件数が2115回マイナスの3万2746回だった。

暴走族風の旧型二輪車で大規模集団走行を行う「旧車會」は、578グループで前年より17グループ減った。把握している構成員は6173人で129人増加、前年より54人多い1771人を検挙した。

人口や二輪免許保有者数の減少や、検挙やグループ解体、暴走族への加入阻止対策の効果でグループや構成員が減少している。検挙人員が減少したのは、暴走族構成員数の減少や道路交通法違反の検挙全体の減少しているためとしている。

今後、生活安全・刑事部門と連携し、道路交通法のほか、道路運送車両法、刑法などを活用した取締り、暴走族グループの解体、構成員の離脱支援のほか、動画投稿サイトの捜査への活用を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. ひき逃げされ、男性が約15m下の湖へ転落

    ひき逃げされ、男性が約15m下の湖へ転落

  2. 会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

    会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

  3. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

    鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

  4. 倉庫街の一角で大型ダンプと衝突、バイク運転者が死亡

  5. 新聞配達用のバイクで小学生を威嚇した男、暴行容疑で再逮捕

  6. 追突で押し出された右折待ち車、対向のトラックとも衝突

  7. カーブでトラックと正面衝突、軽乗用車運転の78歳死亡

  8. 追突事故で大型車の間に挟まれる…軽乗用車の2人が重傷

  9. 交差点でUターン車と衝突した観光バスの運転者に有罪判決

  10. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら