暴走族実態、グループ数・構成員・検挙人数が減少…2015年警察庁調べ

自動車 社会 社会

2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
  • 2015年の暴走族実態と検挙状況
警察庁は、2015年の暴走族の実態と検挙状況をまとめた。

2015年の暴走族グループ数は前年より71減の227グループで構成員が59人減って6771人、このうち15~24歳が5460人となっている。

暴走族のい集・走行回数は248回減って2883回、暴走族の検挙人数が90人マイナスの1万4652人、暴走族に関する110番通報件数が2115回マイナスの3万2746回だった。

暴走族風の旧型二輪車で大規模集団走行を行う「旧車會」は、578グループで前年より17グループ減った。把握している構成員は6173人で129人増加、前年より54人多い1771人を検挙した。

人口や二輪免許保有者数の減少や、検挙やグループ解体、暴走族への加入阻止対策の効果でグループや構成員が減少している。検挙人員が減少したのは、暴走族構成員数の減少や道路交通法違反の検挙全体の減少しているためとしている。

今後、生活安全・刑事部門と連携し、道路交通法のほか、道路運送車両法、刑法などを活用した取締り、暴走族グループの解体、構成員の離脱支援のほか、動画投稿サイトの捜査への活用を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  2. スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

    スマートIC、新規事業化7箇所と準備段階調査5カ所を決定…国土交通省

  3. 国土交通省、貸切バスに装着を義務付けるドライブレコーダーの性能を検討…今秋に策定

    国土交通省、貸切バスに装着を義務付けるドライブレコーダーの性能を検討…今秋に策定

  4. 著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

  5. 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社

  6. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  7. 交差点を進行中の大型トレーラーが横転、複数の車線を塞ぐ

  8. 高速度で橋の欄干に衝突して車体が真っ二つ、2人が死亡

  9. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  10. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

アクセスランキングをもっと見る