ルネサス、ECUを半導体スイッチに移行できるインテリジェント・パワー・デバイスを開発

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスエレクトロニクスは、車載制御ユニット(ECU)内に流れる電気のオン・オフを制御するメカニカル・リレーから置き換えが可能なインテリジェント・パワー・デバイス(IPD)6品種を製品化し、「RAJ280002」などの名称で3月14日からサンプル出荷を開始した。

新製品は、低オン抵抗を実現することでモータやヒータなど、大電流アプリケーション向けメカニカル・リレーの置き換えが可能となる。電源電圧3.2Vという低電圧動作を実現、一時的に電圧が低下するクランキングに対応する。特にRAJ280002は、アクティブクランプ耐量(EAS)1700mJの破壊耐量を実現、ライティング制御以外へも採用できる。

新製品の採用により、従来のライティング制御をはじめとする小・中電流アプリケーションに加え、モータやヒータ用途といったECUでも半導体化を推進できる。小型・軽量・低消費電力で、メカニカル・リレーと異なって接点摩耗も無く、各種自己保護機能により高い信頼性を持つシステム構築に貢献する。

多くのECUには、回路を駆動するスイッチとして普及車1台あたり100個程度のメカニカル・リレーが採用されているが、新製品の採用で半導体スイッチに移行できるため、車両の軽量化にも寄与する。

量産開始は、2017年1月からで、2018年1月には合計で月産85万個を計画。

サンプル価格は製品により異なるが、RAJ280002は1個400円(税別)。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品