岸壁から転落か、海中に沈んだクルマを漁業関係者が発見

自動車 社会 社会

10日午前10時10分ごろ、北海道小樽市内の港(小樽祝津マリーナ)で、海に乗用車が沈んでいるのを漁業関係者が発見。警察に通報した。車内から運転者の男性が発見されたが、すでに死亡していた。

北海道警・小樽署によると、現場は小樽市祝津3丁目付近にある小さな港。作業のために訪れた漁業関係者が、入り江の中央部付近で屋根まで完全に没している乗用車を発見。警察に通報した。

地元消防などが救出活動を行い、運転席から男性を発見して引き揚げたが、男性はすでに死亡していた。溺死とみられる。

この港の岸壁に車止めは設置されておらず、警察では死亡した男性の身元特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  3. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

    地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  4. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  5. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  6. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  7. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  8. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

アクセスランキングをもっと見る