【ジュネーブモーターショー16】ルノー セニック 新型、自動ブレーキ全車標準…欧州小型MPV初

自動車 ニューモデル モーターショー

ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
  • ルノー セニック 新型
フランスの自動車大手、ルノーは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、新型『セニック』を初公開。同時に、同車の詳細を明らかにした。

初代は『メガーヌ セニック』として、1996年に発表。『メガーヌ』のシャシーをベースに開発した2列シート5名乗りのミニバンは、欧州メーカー初の小型MPVとして大ヒットした。1998年には、日本上陸も果たす。

2003年デビューの2代目は、セニックにネーミングを変更。同時に、ボディを伸ばして3列シート7名乗りとしたグランセニックが、新シリーズとして設定された。2009年3月のジュネーブモーターショー09では、3代目がデビュー。セニックは、2列シート5名乗りだけの設定。3列シートの7名乗りは、グランセニックに用意される。

ジュネーブモーターショー16では、4世代目となる新型セニックが初公開。新型はMPVセグメントの新基準を標榜。室内のさらなるモジュラー化を図り、スライド式センターコンソールや、自動ワンタッチで格納できるリアシートなど、機能性を引き上げた。

また、欧州小型MPVセグメントで初めて、歩行者検知機能付き自動ブレーキシステムを、全車に標準装備。上級の『エスパス』譲りの「MULTI-SENSE」テクノロジーや8.7インチモニター付きの「R-LINK 2」、カラーヘッドアップディスプレイなどが設定されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  3. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  4. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  5. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  6. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  7. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、市販の可能性も

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら