【SBK 第2戦】カワサキ、両レースで1-2フィニッシュ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

#66 トム・サイクス #1 ジョナサン・レイ
  • #66 トム・サイクス #1 ジョナサン・レイ
  • ジョナサン・レイ(左)とトム・サイクス(中央)
  • ジョナサン・レイ(右)とトム・サイクス(左)
  • トム・サイクス
  • ジョナサン・レイ
  • ジョナサン・レイ
スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦タイ大会が、3月11日から13日までの3日間、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催され、レース1でジョナサン・レイ、レース2でトム・サイクスが優勝し、カワサキが完全制覇した。

開幕戦オーストラリア大会でダブルウィンを達成したレイは、両レースともにサイクスの一騎打ち。土曜日のレース1では、先行するサイクスをピタリとマーク、レース終盤にサイクスをかわしてレイが優勝。開幕から3レース連続優勝を達成した。

日曜日の第2レースもほぼ同じ展開となったが、最終ラップの攻防でサイクスに逆転されて2位。しかし、開幕から2戦4レースを終えて3勝2位1回と、4レース連続で表彰台に立って総合首位をキープ。2年連続タイトル獲得に向けて大きく前進した。

■レース1
1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)
2位:トム・サイクス(カワサキ)
3位:マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ)
4位:チャズ・デービス(ドゥカティ)
5位:マルクス・ライターベルガー(BMW)
6位:アレックス・ローズ(ヤマハ)

■レース2
1位:トム・サイクス(カワサキ)
2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)
3位:チャズ・デービス(ドゥカティ)
4位:マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ)
5位:ニッキー・ヘイデン(ホンダ)
6位:シルヴァン・ギュントーリ(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)95P
2位:トム・サイクス(カワサキ)66P
3位:マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ)65P
4位:チャズ・デービス(ドゥカティ)55P
5位:シルヴァン・ギュントーリ(ヤマハ)40P
6位:ダビデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)35P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

    【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

  2. 中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

    中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

  3. タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

    タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

  4. ディーゼルに乗ってみました!!…『BMWミニマガジン』 Vol.11

  5. 【鈴鹿8耐】チームフロンティア、参戦体制を発表…小山知良、山田誓己を起用

  6. 関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

  7. 【新聞ウォッチ】報酬1億円以上の役員414人、最高は64億7800万円のソフトバンク前副社長

  8. 【鈴鹿8耐】ヨシムラスズキShell ADVANCE、芳賀紀行を第3ライダーに起用

  9. メルセデスベンツ、ビアテラスを東京で開業…サッポロビールとコラボ、7月1日から

  10. 【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

アクセスランキングをもっと見る