人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL、同志社女子大学と包括連携協定を締結…国際的な人材育成でタッグ

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、同志社女子大学と社会の発展と国際人材育成の寄与することを目的に包括連携協定を締結したと発表した。

連携協定によってJALと同志社女子大は質の高い業務活動を基盤に、広範多岐にわたる相互交流を展開する。特に航空業界に関する講義・講演、施設見学などの面でJALがサポートして国際社会で活躍できる人材の育成に協力する。

具体的な協力では、教育・研究・文化の発展・向上に関する相互支援の実施、学生と教職員と社員の相互交流の実施、学生の人材育成・キャリア形成に向けた支援、学生・教職員の研究成果・活動の業務への活用、地域社会の発展・活性化への貢献など。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 空から水中の3次元地形を計測…朝日航洋がレーザー測深器を導入

    空から水中の3次元地形を計測…朝日航洋がレーザー測深器を導入

  2. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

    IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  3. ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

    ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

  4. 中国国際航空、成田=成都=西寧線を開設へ 8月12日から

  5. ドローンレースを企画・配信…TBSやGYAOなどプロジェクト発足

  6. 「オレンジ」のKLM特別塗装機、リオデジャネイロへ出発

  7. 国土交通省が「ドローンポート」を整備へ…荷物配送

  8. エールフランス、パイロットによるストライキの最新情報を発表…12日も一部便欠航へ

  9. ボーイング、777X型機複合材主翼の製造施設を開設

  10. ボーイング 777X、主要構造部位の21%が日本の航空機メーカー製に

アクセスランキングをもっと見る