大西宇宙飛行士が記者会見…「スキルアップと家族との時間を大切に、万全の状態で臨む」

宇宙 エンタメ・イベント

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ヒューストン駐在員事務所とJAXA東京事務所をTV会議システムでつないで大西宇宙飛行士の記者会見を開いたと発表した。

大西宇宙飛行士は、訓練の様子を公開、現在行っている訓練について「国際宇宙ステーション(ISS)のシステム不具合は、ほとんどが地上の運用管制チームで対処できるが、宇宙飛行士の生命に直結する緊急事態については、宇宙飛行士自らが対応できるよう、じっくり時間をかけて訓練し、個人とチームのスキルを磨いていく必要がある」と説明。火災、急減圧、アンモニア漏洩の3種の緊急事態を想定して訓練している。

公開した急減圧対処訓練は、「きぼう」日本実験棟で減圧が発生したと想定した訓練で、通常の訓練では「きぼう」を隔離して終了するが、更に空気が漏れている個所を特定し、修復するまでを実施した。

大西宇宙飛行士は「初めて行ったが、ISSの船長(コマンダー)であるアナトーリ・イヴァニシン宇宙飛行士を中心にチームワーク良くできたので、チームとしても個人としても準備万端であることが確認できた」と述べた。

フライトまで3カ月を切った大西宇宙飛行士は、「スキルアップと家族との時間を大切にし、万全の状態で打上げに臨みたい」と述べた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  2. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  3. 宇宙の電磁波によってオーロラが瞬く仕組みを解明…JAXAと名古屋大の研究グループ

    宇宙の電磁波によってオーロラが瞬く仕組みを解明…JAXAと名古屋大の研究グループ

  4. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  5. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  6. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

  7. EU 2022年までの測位衛星市場予測を発表…位置情報機器は地球人口1人が1台利用可能に

  8. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  9. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  10. ウェザーニューズ、「月面X」を動画サイトで生中継…6月12日20時から

アクセスランキングをもっと見る