昭文社、ツーリングマップル2016年版発売…30年間の歴代表紙も収録

モーターサイクル 企業動向

ツーリングマップルR(左)とツーリングマップル
  • ツーリングマップルR(左)とツーリングマップル
  • ツーリングマップル30年史
  • 写真ギャラリー
  • おすすめツーリングルート
  • 旅のおすすめスポット
  • 表紙(ソデ部分)がブックマークに
昭文社は、バイクツーリング用道路地図のロングセラー「ツーリングマップル」「ツーリングマップルR」シリーズ2016年最新版を、3月23日より発売する。

ツーリングマップルは、ロードマップ上に道路状況や絶景ポイントなど、ライダーに嬉しい情報をきめ細やかに掲載し、オススメルートや抜け道ルートも紹介。また、タンクバッグに収納しやすいサイズや360度スムーズに折り返せる製本など、ライダーの利便性も追求し続け、発売より30年を突破した。

2016年版では、各エリアのおすすめルートやスポットを紹介する付録小冊子のページ数を大幅に増やした。担当ライダーの取材の様子をつづる写真ギャラリーや、エリア内をめぐるおすすめルート、快走路や見どころ、グルメ&スイーツなど、ジャンル別のおすすめスポットを各エリア担当ライダーのコメントとともに掲載。さらにツーリングマップルの歩んだ30年を歴代の表紙とともに振り返るページも収録している。

また2016年版は表紙と裏表紙を観音開き(ソデ付き)とし、気になるページに表紙の折り返しをはさみこむことで、ブックマークとして活用できるようにした。そのほか、エリア全体が見渡せる大判プラニングマップに「日本さくらの名所100選」「日本の道100選」など、各種100選スポット情報を追加した。

価格(税別)はA5判のツーリングマップルが1800円、B5変形・リング製本のツーリングマップルRが2800円。両製品ともに北海道、東北、関東甲信越、中部北陸、関西、中国・四国、九州沖縄の7エリアを展開する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  4. ホンダ ディオ110 新型、今春に導入…空冷式eSPエンジン搭載

  5. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  6. ヤマハ MT-09 トレーサーABS に新色ガンメタ×ブルー登場

  7. ホンダ CBR400R、スピード感あふれる外観に刷新…新型LEDヘッドライト採用

  8. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  9. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  10. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

アクセスランキングをもっと見る