【鈴鹿ファン感謝デー16】2日間で4万4000人を動員し閉幕、ジュリアーノがF1での再会を約束

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
鈴鹿サーキットで開催されていた「2016モータースポーツ ファン感謝デー」は13日に閉幕。2日間で4万4000人を動員し大盛況となった。

今年は2日間とも天候に恵まれアレジ親子の来場や新型『NSX』の初走行など注目のイベントが満載。ジャン・アレジ氏も参加して行われた「CR-Zドリームレース」や「Hondaスポーツタイムハンデマッチ」では、本番さながらのバトルが見られた。

イベントで登場する車両を間近で見られる「グリッド&ピットウォーク」では、メインストレートを埋め尽くすほどのファンが参加。特にスーパーフォーミュラのマシンは目の前でエンジン始動も行われ、迫力あるサウンドを体感していた。

今回は全日本スーパーフォーミュラ選手権のテスト走行もイベント期間中2日間にわたって行われ、F1を上回るコーナリングでのパフォーマンスをファンに披露。13日にはデモレースも開催され、全19台のマシンが参加しての迫力あるバトルが繰り広げられた。

この他にも昨年は国内外で輝かしい活躍をみせたヤマハのバイクが登場してのデモランや鈴鹿8耐プレシーズンマッチが開催された。今年鈴鹿サーキットで開催される4輪・2輪のレースのプレビュー的な部分を2日間にわたって一気に体験できるイベントとなった。

そして、前日に引き続き再びジャン・アレジ氏とジュリアーノ・アレジの親子がF1マシンに乗って共演。すっかりジュリアーノのファンも多くなり、彼に対しての拍手や歓声もより大きなものになっていた。最後にジュリアーノは、「いつかF1ドライバーになって皆さんと鈴鹿で再会したい」と宣言。日本のモータースポーツファンの熱い声援に感極まっている様子だった。

2日間の締めくくりとして最後はフィナーレも開催された。今週末に登場した車両がパレードを行い、最後はファンに手を振って挨拶し閉幕。12日は1万9500人、13日は2万4500人が来場。昨年より少ない動員とはなったが、熱心なファンが2016シーズンの開幕を楽しみにしているという熱気が伝わって来る2日間となった。
《吉田 知弘》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品