中島飛行機のDNAを受け継ぐ、スバルのデザイン

自動車 ビジネス 企業動向

スバル XV コンセプト
  • スバル XV コンセプト
  • スバル XV コンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル インプレッサ セダン コンセプト
  • スバル インプレッサ セダン コンセプト
  • スバル インプレッサ セダン コンセプト(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 中島飛行機から受け継ぐDNAをデザインに
  • スバルは新デザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”を発表した
  • スバルは新デザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”を発表した
スバルが発表した新デザインフィロソフィー、“DYNAMIC×SOLID”はスバルのDNAに基づいて考えられているという。

スバルの起源を紐解くと中島飛行機にたどり着く。『隼』や夜間飛行機の『月光』など名機を数多く生み出した。そのDNAを受け継いでいるのがスバルなのだ。「この時代の飛行機にデザイナーはいない。全部エンジニアが一番有効な形、例えば速く飛ぶとか、回頭性がいいとかそういう機能を考え作っており、そこに妥協はない。それでも美しい形になっているので、そこを目指したい」と話すのは、スバル商品企画本部デザイン部部長の石井守氏だ。

そこで、「華美な装備や加飾と呼ばれる、美しく見せるだけのようなものは極力インテリアでは入れたくない」と石井氏。「例えば単に100円のメッキパーツを貼ったというものは駄目だ」という。しかし「我々がその100円のパーツを貼るとするならば、見た人がダイナミックな造形美を感じ、加飾自体がそれを想起させるものになる。それがスバルの持っている意味だと思っている」と話す。

また、「スバルを購入するユーザーは質実剛健。そして合理的な方だと思う。その方々は見る目を持っているので騙せない。そこで、こちらも一生懸命勉強してその方たちに、ああそうだったのか、良いね、その考えは伝わるといってもらえるくらい先を読んで提供したい」と述べる。そして、「そのユーザーに長く使ってもらうことを目指している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  2. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

    震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  5. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  6. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  7. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  8. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  9. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

  10. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら