【ジュネーブモーターショー16】“新しいVW”の電気自動車戦略、鍵はEVモジュール…e-モビリティ担当責任者

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • VWe-ゴルフとe-up!
  • VW ゴルフGTE
  • VW パサートGTE ヴァリアント
3月にスイスで開かれたジュネーブモーターショー16において、フォルクスワーゲン(VW)のe-モビリティ(自動車の電動化)を担当する部署の責任者、トーマス・リーバー氏に話を聞く機会を得た。排ガス不正問題で注目を集めたVW。その復活劇の鍵となる電気自動車戦略について聞いた。

VWのe-モビリティに該当する車種は、現在『e-up!』、『e-ゴルフ』、『ゴルフGTE』、『パサートGTE』の4車種(ゴルフGTE以外は日本未発売)。前車2台が電気自動車(EV)で、後車2台がプラグインハイブリッド車(PHV)だ。

「これが今現在のe-モビリティの全体像」と語るリーバー氏。そして「我々が今非常に重要だと感じているのが、航続距離を伸ばすということと、市場価格を下げるということだ」と、現在2つの課題について取り組んでいることを明かした上で、「(その答えとして)来年には航続距離が300kmの新型e-ゴルフを市場に投入する予定」と語った。

VW全体としては、2020年から25年の間に世界各地の主要な市場において、製品の大きな部分をEV化していきたいと話すリーバー氏。「それを実現するために、EV用のモジュールを開発中。MEBというもので、電気自動車のベースとなるモジュールコンセプトだ」と、その戦略を語る。今年の1月に開かれたCESで初公開された『BUDD-e』を例に挙げ、「まったく新しい室内空間、まったく新しいフィーリング、まったく新しいものが繋がる。それが新しいVW」と、この新開発EVモジュールがVW復活シナリオに不可欠であることを強調した。


《取材協力》
フォルクスワーゲン
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

    「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  4. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  5. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  8. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  9. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  10. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

アクセスランキングをもっと見る