【ジュネーブモーターショー16】“新しいVW”の電気自動車戦略、鍵はEVモジュール…e-モビリティ担当責任者

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • VWe-ゴルフとe-up!
  • VW ゴルフGTE
  • VW パサートGTE ヴァリアント
3月にスイスで開かれたジュネーブモーターショー16において、フォルクスワーゲン(VW)のe-モビリティ(自動車の電動化)を担当する部署の責任者、トーマス・リーバー氏に話を聞く機会を得た。排ガス不正問題で注目を集めたVW。その復活劇の鍵となる電気自動車戦略について聞いた。

VWのe-モビリティに該当する車種は、現在『e-up!』、『e-ゴルフ』、『ゴルフGTE』、『パサートGTE』の4車種(ゴルフGTE以外は日本未発売)。前車2台が電気自動車(EV)で、後車2台がプラグインハイブリッド車(PHV)だ。

「これが今現在のe-モビリティの全体像」と語るリーバー氏。そして「我々が今非常に重要だと感じているのが、航続距離を伸ばすということと、市場価格を下げるということだ」と、現在2つの課題について取り組んでいることを明かした上で、「(その答えとして)来年には航続距離が300kmの新型e-ゴルフを市場に投入する予定」と語った。

VW全体としては、2020年から25年の間に世界各地の主要な市場において、製品の大きな部分をEV化していきたいと話すリーバー氏。「それを実現するために、EV用のモジュールを開発中。MEBというもので、電気自動車のベースとなるモジュールコンセプトだ」と、その戦略を語る。今年の1月に開かれたCESで初公開された『BUDD-e』を例に挙げ、「まったく新しい室内空間、まったく新しいフィーリング、まったく新しいものが繋がる。それが新しいVW」と、この新開発EVモジュールがVW復活シナリオに不可欠であることを強調した。


《取材協力》
フォルクスワーゲン
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

    デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  6. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  7. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  8. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  9. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  10. 東名EXPASA足柄で「グランピング」…グラマラスなキャンプ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら