【ジュネーブモーターショー16】“新しいVW”の電気自動車戦略、鍵はEVモジュール…e-モビリティ担当責任者

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • フォルクスワーゲンAG e-モビリティ 担当責任者 トーマス・リーバー氏
  • VWe-ゴルフとe-up!
  • VW ゴルフGTE
  • VW パサートGTE ヴァリアント
3月にスイスで開かれたジュネーブモーターショー16において、フォルクスワーゲン(VW)のe-モビリティ(自動車の電動化)を担当する部署の責任者、トーマス・リーバー氏に話を聞く機会を得た。排ガス不正問題で注目を集めたVW。その復活劇の鍵となる電気自動車戦略について聞いた。

VWのe-モビリティに該当する車種は、現在『e-up!』、『e-ゴルフ』、『ゴルフGTE』、『パサートGTE』の4車種(ゴルフGTE以外は日本未発売)。前車2台が電気自動車(EV)で、後車2台がプラグインハイブリッド車(PHV)だ。

「これが今現在のe-モビリティの全体像」と語るリーバー氏。そして「我々が今非常に重要だと感じているのが、航続距離を伸ばすということと、市場価格を下げるということだ」と、現在2つの課題について取り組んでいることを明かした上で、「(その答えとして)来年には航続距離が300kmの新型e-ゴルフを市場に投入する予定」と語った。

VW全体としては、2020年から25年の間に世界各地の主要な市場において、製品の大きな部分をEV化していきたいと話すリーバー氏。「それを実現するために、EV用のモジュールを開発中。MEBというもので、電気自動車のベースとなるモジュールコンセプトだ」と、その戦略を語る。今年の1月に開かれたCESで初公開された『BUDD-e』を例に挙げ、「まったく新しい室内空間、まったく新しいフィーリング、まったく新しいものが繋がる。それが新しいVW」と、この新開発EVモジュールがVW復活シナリオに不可欠であることを強調した。


《取材協力》
フォルクスワーゲン
《関 航介》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品