東北の子どもたちのカラダ作りを日本代表アスリートが直接支援 | レスポンス(Response.jp)

東北の子どもたちのカラダ作りを日本代表アスリートが直接支援

エンターテインメント 話題

小野薬品工業とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構は、3月5日に宮城県石巻市総合体育館で復興支援活動イベント「すこやカラダ大作戦 in みやぎ」を開催した。

すこやカラダ大作戦は、子どもたちの元気なカラダ作りを支援するために企画された。東北3県の肥満傾向児の比率が他県に比べて高く、小児肥満が社会問題となりつつあるため、生活習慣の改善を目的として行われた。第1回は2015年3月22日に福島県会津美里町で開催。

2回目の今回は石巻市に住む6~9歳の子どもたち92名と、その保護者らが参加。ゲストアスリートは、ロンドン五輪バドミントン混合ダブルス日本代表の潮田玲子さん、北京五輪トランポリン日本代表の外村哲也さん、元サッカー日本代表の福田正博さん。

イベント前半に、ゲストアスリートたちが子どもたちに体験してもらう競技を実演すると、子どもたちはハイレベルなパフォーマンスに歓声を上げた。後半は、子どもたちが3チームに分かれてスポーツレクリエーションを実施。ゲストアスリートに声を掛けてもらいながら、サッカー、バドミントン、トランポリンを順番に体験した。

イベントの最後には、ゲストアスリートも参加して玉入れのミニ運動会を行った。また、スポーツレクリエーションに加えて、生活習慣病専門医を招いての保護者向けの健康セミナーを実施した。

なお2017年は福島県、宮城県に続き、岩手県での開催を予定。プロジェクトは3カ年計画で実施している。

復興支援活動「すこやカラダ大作戦 in みやぎ」開催…日本代表アスリートらとレクリエーション

《美坂柚木@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品