【ジュネーブモーターショー16】プジョー 2008…初の改良新型が登場[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
  • プジョー 2008(ジュネーブモーターショー16)
フランスの自動車大手プジョーは、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16で改良新型『2008』を世界初公開した。

2008は2013年のジュネーブモーターショーで発表。欧州Bセグメントサイズの小型クロスオーバーで、全長は4160mm。デザインはパリ、上海、サンパウロのデザインチームが共同で手がけており、都会的で若々しい雰囲気が表現された。

今回デビューから3年を経て、初の大幅改良を実施。外観は、ヘッドライトやグリル、バンパー、ボンネットなどが新デザイン。最新のプジョーの表情へと、一新された。リアには、新たにLEDテールランプを採用。

また、樹脂製のホイールアーチエクステンションや、クラッディングパネルを装着。SUVらしい力強さを表現した。インテリアは、基本デザインを従来モデルから継承。最新の車載インフォテインメントシステムが用意されている。
《ショーカーライブラリー》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品