【鈴鹿ファン感謝デー16】星野、中嶋、関谷の三つ巴対決…1日目は中嶋が勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
  • 第7回 永遠のライバル対決 1日目(鈴鹿ファン感謝デー16)
鈴鹿サーキットで行われれいる「モータースポーツ ファン感謝デー」で、今年も恒例の「永遠のライバル対決」が開催。初日は中嶋悟氏が勝利した。

2012年から始まったライバル対決は今回で7回目。これまで星野一義氏vs中嶋氏の一騎打ちとなっていたが、今回は新たに関谷正徳氏も参戦。3人の鈴鹿での直接対決は1986年の全日本F2選手権「グレート20 2&4レース」以来、約30年ぶりとなる。

まずは昨年の勝者である星野氏が対決では恒例となった「チャンピオンベルト」を返還。星野氏は防衛を目指し、一方の中嶋氏はチャンピオンベルト奪還のために、何が何でも負けたくない様子。マシンに乗り込む前からトークバトルで盛り上がった。これに今年から加わる関谷氏は「2人の会話を聞いていると、この対決に入るのまずいなと思いましたね。当時の負けたくない気持ちが全く変わってない」と、やや圧倒されていた様子。それでも「(この対決での)ルーキー・オブ・ザ・イヤーを目指します」と意気込みを語った。

今回の対決で使用するマシンはSUPER GTのGT500クラスで戦っていたマシン。星野氏は日産『GT-R』、中嶋氏はホンダ『HSV-010』、関谷氏は『SC430』に乗り込んだ。いざコックピットに座ると3人とも目つきは一変。セーフティーカー先導のフォーメーションラップから勢いよくスタートし気合が十分に入っている様子だった。

SUPER GTと同じローリングスタート形式で対決が始まると、中嶋氏が好スタートを決めトップで1コーナーを通過。S字区間でも全開の走行をみせ、2人を圧倒する。3番手の関谷氏も星野氏を抜こうと2周目のストレートで並びかけるが星野氏も1コーナーで絶妙なブレーキングをみせポジションを死守した。2人がバトルしている間に中嶋氏が独走。最後は2台に迫られたものの、対決初日を制するトップチェッカーを受けた。

マシンを降りた中嶋氏は、昨年のリベンジを果たせて安堵の表情。一方の星野氏は2位になったものの納得がいかない様子で「明日のために策を練り直す」と語った。また関谷氏も明日の逆転に向けて気合満々。この対決は13日も行われるが、さらに激しいバトルが展開されそうだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

    【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  2. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

    【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  3. 『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

    『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

  4. 日産 GT-R、304.96km/hで高速ドリフト…ギネス新記録の瞬間[動画]

  5. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  6. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  7. 【新聞ウォッチ】伊勢志摩サミットあす開幕、MRJ、ミライ、クラリティもお披露目

  8. 【昭和のクルマを守る集い16】レアな存在、“修正後”のブルーバード 1300 SS

  9. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  10. 【レッドブル・エアレース 第3戦】ガーミン、公式アクションカメラパートナーとしてサポート

アクセスランキングをもっと見る