【ジャパンボートショー16】ヤマハ発動機 SR-X24 …変幻自在のマリンプレイが楽しめる次世代マルチボート

船舶 エンタメ・イベント

ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
  • ヤマハ SR-X24(ジャパンボートショー16)
パシフィコ横浜で開催された「ジャパン インターナショナルボートショー 2016」。ヤマハ発動機ブースで目を引いていたのが、フィッシングで定評のある「YFR-24」のハルを大胆なオープンボートとした参考出品モデル「SR-X24」だった。

これは今回のショーで初公開となったもので、船首部に座席を設けたバウライダースタイルのデッキを採用。今年の夏に販売を予定している、注目のスポーツボートのモデルだ。

今回工場直送となった船体は、全長7.2m、全幅2.59mで定員は8名。ブースの説明員は「今回デッキ部分を新しくして、トーイング、ウエイクボード、クルージング、フィッシングなど様々な用途に使っていただけるようなレイアウトにしましたので、変幻自在のマリンプレイが楽しめます。また、船首に座席を付けたので、ひときわ爽快感が味わえる船になっています」とマルチに遊べるボートをアピールしていた。

YFR-24ゆずりの走行性、安定性も確保。高速テストも始まり、今後はカラーバリエーションなども含め更に細部を煮詰めていくという。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

    新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  2. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

    最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  3. JXオーシャン、31万トン型VLCC「エネオス・スピリット」を命名・竣工

    JXオーシャン、31万トン型VLCC「エネオス・スピリット」を命名・竣工

  4. ジャパン・マリンユナイテッド、SPB方式を採用した大型LNG船2隻を受注…2017年に竣工予定

  5. JXオーシャン、合併発足後1番船「エネオス・オーシャン」が竣工…バラスト水処理装置を搭載

  6. クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

  7. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  8. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

  9. 海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

  10. ダイハツディーゼル、大幅減益…舶用エンジン事業など低迷 2016年4-6月期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら